iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

Dropboxでパスワードと有効期限付きのファイルを共有する方法

Dropboxで他のユーザーとファイルを共有するときに、パスワードと有効期限を設定したいときってありませんか?

今回はパスワードと有効期限を付けたファイルを共有する方法をご紹介します。

スポンサード リンク

やり方は以下の通り。まずDropboxにアクセスし、ログインします。

Dropboxにログインする

つぎに他のユーザーと共有したいファイルもしくはフォルダを選択し、右端にあるリンクのアイコンをクリックしましょう。

共有したいファイルのリンクボタンをクリックする

ファイルのリンクが表示される画面で「可視性/有効期限を設定」をクリックします。

可視性と有効期限を設定する

【閲覧できるユーザー】の項目で「パスワード所有者のみ」を選択し、任意のパスワードを設定します。

また有効期限も設定しましょう。

パスワードと有効期限を設定する

さいごに【リンク送信先】の項目で、共有するファイルのリンクを送りたいユーザーのメールアドレスを入力し、送信すればOKです。これで他のユーザーにパスワード&有効期限付きの共有ファイルのリンクを送信することができます。

ファイルを共有リンクを送信する

特定のユーザーとデータを共有したいときに役立つ設定です。

あとがき

特定のユーザーと共有したいファイルにパスワードを付けておけば、万が一その共有ファイルのリンクを誰かに知られたとしても、パスワードがわからなければ見られることもありません。

また有効期限を設定しておけば、ある期限を過ぎると共有ファイルにアクセスすることができなくなるので、セキュリティ効果を高めることができます。

不特定多数のユーザーと共有したくないファイルは、以上の方法を参考にしてみてください!

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top