iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

Apple、Wi-Fi(WPA2)の脆弱性「KRACK」を次期アップデートで修正へ

Appleは、現在問題となっているWi-Fi(WPA2)の脆弱性に関して、iOS、tvOS、watchOS、macOSへの修正を、次期ソフトウェアアップデートで修正するようです。

スポンサード リンク


「KRACK」の修正パッチは、iOS、tvOS、watchOS、macOS ベータ版に適用済み

現在、Wi-Fi通信の暗号化技術「WPA2」に、「KRACK」と呼ばれる脆弱性が存在感することが話題となっていますが、iMoreやThe Vergによると、Appleは次期ソフトウェアアップデートでこの脆弱性を修正するようです。

Appleは、この脆弱性を修正するパッチを、iOS、tvOS、watchOS、macOSのベータ版に既に適用しており、次期ソフトウェアアップデートで正式にユーザーに提供されるものと思われます。

あとがき

あとがき

ちなみに、Appleが販売しているWi-Fiベースステーションの「AirMac Extreme」、「AirMac Express」、「Time Capsule」は「KRACKs」の影響は受けないそうです。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構は、当面の回避策として「HTTP のウェブサイトで重要な情報を送信しない」、「VPN を使用する」、「有線 LAN を使用する」などの対策を呼びかけています。

参考:WPA2 における複数の脆弱性について:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top