iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

「LINE for Mac」スマホのスタンプ表示に対応!タイムラインに写真や動画をドラッグ&ドロップで追加、画面キャプチャも可能に!

「LINE for Mac」がバージョン 4.4.1 でスマホから送ったスタンプ表示に対応し、ドラッグ&ドロップ操作でタイムラインに写真や動画を追加したり、画面キャプチャー機能も利用できるようになっています。

スポンサード リンク

スタンプ表示、ドラッグ&ドロップで写真・動画を追加、画面キャプチャーが可能に!

LINELINE
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ライフスタイル
App Storeで詳細を見る

「LINE for Mac」は、バージョン 4.4.1で新機能が多く追加されました。アップデート内容は以下の通りです。

- スマートフォン版LINEから最近送ったスタンプをPC版LINEで表示できるようになりました。
- タイムラインの投稿やノートに、写真や動画をドラッグ&ドロップで追加できるようになりました。
- タイムラインの投稿やノートに、画面をキャプチャして直接追加できるようになりました。
- ログイン後のメッセージ同期速度が向上しました。

早速、内容をチェックしてきましょう。

スマートフォン版LINEから最近送ったスタンプをPC版LINEで表示できる!

▼まず大きな変更点として、スマホから送られたスタンプをMac上でも表示できるようになりました。旧バージョンの「LINE for Mac」ではうまくスタンプの表示できないケースがありましたが、本バージョン以降はきちんと表示されるようになります。

Line for mac ver 441 10

タイムラインの投稿やノートに、写真や動画をドラッグ&ドロップで追加できる!

▼また写真や動画をドラッグ&ドロップ操作で追加できるようになり、今までよりも直感的な操作が可能となっています。

Line for mac ver 441 2

▼こんな感じでタイムライン上に簡単に写真や動画をシェアすることができますよ!

Line for mac ver 441 1

タイムラインの投稿やノートに、画面をキャプチャして直接追加できる!

▼そして、かなり便利そうなのが「画面キャプチャー」機能です。

Line for mac ver 441 3

▼こんな感じで、Macの画面上をキャプチャーして…

Line for mac ver 441 4

▼キャプチャーした画像に描画を加えることもできます。

Line for mac ver 441 5

▼「描画」機能には、モザイク加工、図形挿入、テキスト挿入、手描きツールなどがあり、Evernote社の「Skitch」のような感覚で注釈を加えることができます。

Line for mac ver 441 9

▼加工を終えた画像は「Keepに保存」「ダウンロード」もしくは「完了」ボタンをクリックすることでタイムライン上にシェアすることができます。

Line for mac ver 441 7

▼実際にキャプチャー画像をシェアするとこんな感じになりますよ!

Line for mac ver 441 6

あとがき

あとがき

今まで「LINE for Mac」はスマホ版アプリよりも機能が限定されていて、正直あまり使い勝手は良くなかったのですが、バージョン 4.4.1 では多くの新機能が追加され、より使いやすいものになりました。

とても便利な機能が盛り沢山ですので、是非一度お試しください。

LINELINE
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ライフスタイル
App Storeで詳細を見る

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top