iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

watchOS 2 新機能:「タイムトラベル」で昨日・今日・明日の出来事を確認する

今回は「watchOS 2」で追加された新機能「タイムトラベル」を使って、昨日、今日、明日の出来事を確認する方法をご紹介!

「Apple Watch」のデジタルクラウンを回すだけで簡単に設定することができますよ!

スポンサード リンク

デジタルクラウンを回すだけで過去から未来の出来事がわかる!

「タイムトラベル」機能はデジタルクラウンを回すだけで、昨日、今日、明日(72時間)の出来事を確認できる機能で、明日の天気を確認したり、昨日のスケジュールを振り返ることができます。

Check event in time travel5

基本的な使い方は「Apple Watch」を起動した状態で、デジタルクラウンを回すだけでOK!

Check event in time travel3

デジタルクラウンを自分の手前側に回すと過去を振り返り、逆に自分から見て奥側にデジタルクラウンを回すと未来の出来事をチェックすることができますよ!

Check event in time travel4

あとがき

あとがき

「タイムトラベル」機能を使えば、直近のスケジュールや天気などを専用のアプリを起動して調べなくても簡単にチェックすることができるので、とても重宝しそうです。

操作方法も一度覚えればすぐに使いこなせると思いますので、興味のある方は是非ご活用ください。

【関連】Apple、「watchOS 2」 正式リリース!アップデート方法は iPhone の「Apple Watch」アプリから。

【関連】watchOS 2 新機能:「ナイトスタンドモード」の設定と使い方

【関連】watchOS 2 新機能:「Apple Watch」の文字盤を「タイムラプス」「写真」「フォトアルバム」に変更する方法

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top