iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

Parallels、仮想化アプリ「Parallels Desktop 10 for Mac」をリリース。アップグレード価格は5,300円から。

Parallelsが、仮想化アプリ「Parallels Desktop 10 for Mac」をリリースしています。価格はアップグレード版が5,300円、通常版が8,500円となっています。

最新バージョンとなる「Parallels Desktop 10 for Mac」の新機能をおさらいしておきましょう。

スポンサード リンク


「Parallels Desktop 10 for Mac」の新機能

  • バッテリーの寿命が最大30%延長
  • 仮想マシンの最適化→ディスク領域の自動圧縮が可能に!
  • スナップショットが旧バージョンより最大60%も速度が向上。
  • OS X Yosemiteの新機能がWindowsでも使用可能に。
  • Internet Explorerで電話番号を右クリックして、iPhoneから電話の発信が可能に。
  • iMessageやSMSテキストをWindowsから送信可能。
  • iCloud Drive と Photo Libraryをサポート。
  • WindowsのファイルをMacで設定されているTwitter、Facebook、Vimeo、メール、AirDrop、メッセージを経由して共有。
  • Windows 8のスタート画面をLaunchpadとして使用可能。
  • Microsoft Officeから「名前を付けて保存」を使用しMacに設定されているDropbox、iCloud Drive、Googleドライブなどに保存可能。
  • Office 2013の起動が50%高速化。
  • ワンクリックで仮想マシンを最適化するプリセットを搭載。
  • 仮想マシンのリンククローンの作成が可能。
  • Vagrantプロバイダーをサポート
  • LinuxゲストのVMおよびネストされた仮想化環境で、16 vCPUと 64GB RAMをサポート
  • VHDディスクとVMDKディスクから仮想マシンを作成
  • OS Xゲストにドラッグ&ドロップが可能に。
  • Windows Internet Explorer仮想マシンの90日間のトライアル版をダウンロード可能。

「Parallels Desktop 10 for Mac」の価格

「Parallels Desktop 10 for Mac」の価格は以下の通りです。

  • アップグレード版:5,300円
    (但し「Parallels Desktop 8 もしくは 9 ユーザーに限る)
  • 通常版:8500円

詳しい機能はこちらの動画も参考にしてください。

OS X Yosemiteの新機能の多くが「Parallels Desktop 10 for Mac」でも使える!

あとがき

「Parallels Desktop 10 for Mac」は、旧バージョンよりバッテリーやメモリの消耗が少なくなり、さらにOS X Yosemiteの新機能も多く使えるので、MacでWindowsも使いたい人には注目のツールですね。

全体的なパフォーマンスも上がっているようなので、興味のある方は是非チェックしてみてください。


「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top