iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

「Parallels Desktop for Mac」に入れた「Windows」でも Macと同じように文字入力できる「AppleK for Parallels」

「Parallels Desktop for Mac」に入れたWindowsで文字を入力するときに、Macのキーボード配列との違いに戸惑って、うまくタイピングできなくなったことはありませんか?

今回は「Parallels Desktop for Mac」に入れた「Windows」でも Macと同じように文字入力ができる「AppleK for Parallels」をご紹介!

このツールをインストールすれば快適に文字入力ができますよ!

使い方は簡単です。AppleK for Parallelsをダウンロードし、Parallelsに入れたWindowsにインストールするだけでOK!難しい設定をしなくてもMacとほぼ同じに近い感覚で文字入力することができます!

細かい設定は「AppleK for Parallels」の環境設定でカスタマイズすることができます。

細かいキーボード操作をカスタマイズできる

このツールを導入するだけで、格段に文字入力の快適性がアップしますよ!

Macで日本語入力するときとほとんど変わらない快適さがある

尚「AppleK for Parallels」には、こんな便利な機能もあります!

スポンサード リンク


「command」+「space」キーで英数かなの入力切替ができる!

Macの「英数」「かな」の切り替えはよく使う操作のひとつですが「command」+「space」で簡単に切り替えることができます。また「shift」+「かな」でカタカナの入力切り替えにも対応しています。

スクリーンショットが簡単に撮れる!

スクリーンショット撮影は「option」+「shift」+ 3,4でPNG形式で保存できます。

アプリケーションも簡単に終了できる!

「option」+「Q」によるアプリケーション終了操作も可能です。Macで使うショートカット操作を仮想環境でもそのまま使えるのは本当にありがたいです。

有料ツールだけど導入して損しない便利なツール!

あとがき

「AppleK for Parallels」は1,680円(税別)のシェアウェアですが、導入して損することはない便利なツールです。

無料のツールも色々とありますが、ここまでMacの操作感に近い文字入力環境を構築してくれるツールは少ないと思います。

仮想環境でもMacと同じように快適に文字入力したい方は是非チェックしてみてください!

AppleK for Parallels

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top