iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

Macの文字入力や変換が遅いときに試したい10個のテクニック

今回はMacの文字入力が遅くなった時に試したい対処法をいくつかご紹介します。

文字の入力や変換スピードが超モッサリしたときに試してみると効果がありますよ!

スポンサード リンク

ディスクユーティリティでアクセス権を修復する

ディスクのアクセス権を修復

まず最初に試してみたいのがディスクのアクセス権の修復。ディスクのアクセス権がらみのトラブルでシステム全体の調子が悪くなり、結果的に文字入力がもたついている可能性があります。

「ディスクユーティリティ」を起動し「ディスクのアクセス権を修復する」をクリックしてアクセス権を修復してみましょう。

「Font Book」で重複したフォントがないか確認する

「Font Book」にインストールされているフォントが重複すると、文字の入力スピードが遅くなることがあります。

「アプリケーション」フォルダ→「Font Book」の順に起動し「編集」→「使用可能な重複項目を検索」を選択します。

Remedy character input of mac is slow3

「重複は見つかりません」と表示されれば問題なし。重複が見つかった場合、重複するフォントのうちのどちらかを使用停止にすればOKです。

Remedy character input of mac is slow5

英字入力中のスペル自動変換やスペルチェックの設定を変更する

「システム環境設定」内にある「キーボード」→「ユーザ辞書」にあるスペルの自動変換とスペルチェックの項目も文字の入力のもたつきに関係している場合があります。

Remedy character input of mac is slow2

一度、オンとオフの状態で文字入力のテンポを比較し、この項目が関係しているかチェックしてみると良いですよ。

Remedy character input of mac is slow1

キーボードのリピート時間を調整してみる

何となくキーボードをタイプしたときの文字入力や変換がワンテンポ遅いかな?と感じたときにチェックしたいのが「キーボード」のリピート時間設定です。この設定も一度見直してみるといいですよ。

まず「システム環境設定」→「キーボード」にアクセスします。

Remedy character input of mac is slow2

つぎに「キーボード」タブ内にある「キーのリピート」を「速い」に設定し、「リピート入力認識までの時間」も「短い」にすると問題が解決するかもしれません。

Remedy character input of mac is slow32

Macの日本語入力システムを試しに変更してみる

Macの日本語入力システムは、Apple純正の「日本語IM」、Googleの「Google日本語入力」、ATOKの「ATOK for Mac」などがありますが、試しに現在使用している日本語入力システムから他の日本語入力システムに切り替えてチェックしてみるといいですよ。

やり方は簡単で、まず「システム環境設定」→「キーボード」の順にアクセスします。

Remedy character input of mac is slow2

つぎに「入力ソース」にある「+」ボタンで新しい日本語入力システムを追加し、使用しないものは「−」ボタンを押して削除します。

Remedy character input of mac is slow33

もしかすると、現在使用している日本語入力システムとOSの相性の問題によって、文字入力の快適性が損なわれている可能性もあるかもしれません。

ディスプレイの透明度を下げてみる

「アクティビティモニタ」上に表示される「WindowServer」プロセスが暴走し、システム全体の負荷が強くなる→結果的に文字入力がもたつく可能性もあります。

特にこだわりがなければディスプレイの透明度を下げてみるのもひとつの方法です。

Remedy character input of mac is slow34

「システム環境設定」内にある「アクセシビリティ」→「ディスプレイ」の項目にある「透明度を下げる」にチェックを入れるだけでOKです。

Remedy character input of mac is slow36

通知センターの不要なウィジェットを削除する

特になくても支障がなければ、不要なウィジェットを削除しておきたいところ。余計なメモリを消費してシステム全体の快適性が低下し、文字入力がもたつく可能性も十分にあります。

「ウィジェット」の削除方法は「ウィジェット」の下にある「編集」ボタンをクリックし、必要のないウィジェットのタイトル横にある「−」をクリックするだけでOKです。

Remedy character input of mac is slow37

自動的に起動しているアプリを項目を見直してみる

Macを起動したときに自動で起動させているアプリは多くないでしょうか?

Mac起動直後は文字入力が快適でも、時間が経つと少しずつ文字入力が引っかかるような感じがするときは、自動的に起動しているアプリが多すぎてメモリの浪費→文字のもたつきを招いている可能性もあります。

Remedy character input of mac is slow99

「システム環境設定」→「ユーザとグループ」を選択し、ログイン時に自動で開くアプリを一度見直してみるといいですよ。

Remedy character input of mac is slow38

アクティビティモニタでCPU使用率の高いアプリを特定する

「アクティビティモニタ」を活用してMacのシステムに負荷をかけているプロセスをチェックするのも重要なポイントです。

Remedy character input of mac is slow41

システムへかかる負荷が、結果的に文字入力を遅くさせていることも多いので、あまりに負荷の高いアプリなどは状況に応じて終了させると良いですよ。

Remedy character input of mac is slow42

セーフブートで不要なキャッシュをクリアしてみる

OnyXなどのサードパーティー製メンテナンスツールを使うのも良いですが、Mac純正のメンテナンス機能を利用して不要なキャッシュをクリアしてみるのもひとつの方法です。

長年Macを使いっぱなしの状態だと、不要なキャッシュが溜まりに溜まってシステムが重くなり、文字入力がもたつく原因のひとつとなります。

以下の記事を参考にトライしてみてください。

あとがき

あとがき

Macの文字入力や変換が遅いかな?と感じたときは以上に紹介したTipsを参考にしていただければと思います。

お使いのMacによって状況は様々なので、どのTipsがいちばん効くとは言えないのですが、ひとつずつ上記のTipsを試しながら文字入力の快適性を取り戻していただければと思います。

以上にご紹介したテクニックは完全な対処法とは言えない部分もありますので、今後も効果のあるテクニックがあれば追記していきたいと思います。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top