iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

Macのスクリーンショット・キャプチャー厳選テクニック&アプリまとめ

Macのスクリーンショット・キャプチャー厳選テクニック&アプリまとめ

今回はMacのスクリーンショットとキャプチャー動画を撮影するときに知っておくと便利なテクニックを厳選してご紹介!

Mac初心者でもすぐに使えるテクニックばかりなので、使えそうなものがあれば是非活用してみてください!

スポンサード リンク

スクリーンショットの基本テクニック

基本的なショートカットの使い方

まずはMac購入時に設定されているスクリーンショット撮影のショートカットをおさらいしておきましょう。

Mac購入時のスクリーンショット撮影のショートカットは以下のように設定されています。

  • 全体のスクリーンショットをファイルに保存
    →「shift」+「command」+「3」
  • 全体のスクリーンショットをクリップボードにコピー
    →「shift」+「control」+「command」+「3」
  • 一部のスクリーンショットをファイルに保存
    →「shift」+「command」+「4」
  • 一部のスクリーンショットをクリップボードにコピー
    →「shift」+「control」+「command」+「4」

スクリーンショットのショートカットを変更する方法

スクリーンショットのショートカットは、自由に変更することが可能です。自分の好きなショートカットに設定して使ってみましょう。

まず「システム環境設定」→「キーボード」の順にクリックします。

システム環境設定の「キーボード」を選択する

つぎに「ショートカット」タブ→左サイドバーにある「スクリーンショット」を選択します。ここの項目で好きなショートカットに変更できるので、いろいろと試してみてください。

スクリーンショットタブ内にあるショートカットキーを自由に変更できる

スクリーンショットの応用テクニック

マウスカーソルを含めたスクリーンショットを撮影する方法

マウスカーソルのカーソルを含めてスクリーンショットを撮影したいって時はありませんか?

そんな時は「グラブ」というアプリを使うと簡単にマウスカーソル入りのスクリーンショットを撮影することができますよ。

カウントダウンさせてスクリーンショットを撮影する方法

また「グラブ」を使えば、カウントダウンでスクリーンショットを撮影することも可能です。通常のスクリーンショット撮影では撮影しにくい画面の撮影も、この機能を使えば簡単に保存することも可能になります。

スクリーンショットの場所を変更する

スクリーンショットの保存場所は、標準設定ではデスクトップに指定されていますが「TinkerTool」を使うと簡単に変更することができます。デスクトップ以外の場所に保存したいときに便利なテクニックです。

TinkerTool: Description

Webページ全体のスクリーンショットを保存する方法

Webページ全体のスクリーンショットを撮影したいときは「BrowseShot」を使うと便利です。Webページ全体を丸ごと1枚の画像にして保存することができますよ。

BrowseShotBrowseShot
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: グラフィック&デザイン
App Storeで詳細を見る

スクリーンショットのファイル形式を変更する方法

通常、スクリーンショットのファイル形式は標準で「PNG」に指定されていますが変更することができます。

「TinkerTool」というツールを使えば「PNG」以外にも「JPEG」「GIF」「PDF」など様々なファイル形式に変更して保存することができますよ。

TinkerTool: Description

切り取ったスクリーンショットをデスクトップ最前面に一時保存する方法

スクリーンショットで保存した画像を一時的にデスクトップ最前面に保存したいときは「Kiritori」を使うと便利です。

一時保存したスクリーンショットを見ながらほかの作業をしたいときなどに役立つツールです。

KiritoriKiritori
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

「Kiritori」と同じような機能で、さらに多機能な「GrabIt」というツールもあります。こちらもチェックしてみてください。

GrabItGrabIt
価格: ¥200(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ, 写真
App Storeで詳細を見る

スクリーンショット写真を使ったマニュアルを作成する方法

スクリーンショットを使って簡単なマニュアルを作りたいときは「Explainer Screenshots」がおすすめ。

スクリーンショットにコメントをつけて、4〜8個のシーンに分けて簡単にマニュアルを作成することができます。

Explainer ScreenshotsExplainer Screenshots
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
App Storeで詳細を見る

iPhoneのスクリーンショットを合成してモックアップを作成する方法

iPhoneのスクリーンショットを合成してモックアップを作りたいときは「iScreenShot」が便利です。ドラッグ&ドロップの簡単な操作でモックアップを作成できます。

iScreenShot - Screenshots for iDevicesiScreenShot – Screenshots for iDevices
価格: ¥100(記事公開時)
カテゴリ: 開発ツール, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る

iPhone以外にiPadやMacのスクリーンショットを合成したモックアップを作りたいときは「Promotee」がおすすめです。

PromoteePromotee
価格: ¥500(記事公開時)
カテゴリ: 開発ツール, グラフィック&デザイン
App Storeで詳細を見る

スクリーンショットとキャプチャー動画を両方撮影する方法

スクリーンショット以外にキャプチャー動作も撮影したいときは「Jing」を使うと便利です。このアプリひとつあればスクリーンショットでも動画でも保存することができます。

TechSmith | Jing, Free Screenshot and Screencast Software

iPhoneの操作をキャプチャー動画に保存する方法

iPhoneの操作をキャプチャー動画として保存したいときは「QuickTime Player」を使うと便利です。OS X Yosemite以降のMacであれば、USBで接続したiPhoneの操作をキャプチャー動画として保存することができますよ。

あとがき

あとがき

Macのスクリーンショットやキャプチャ動画の保存方法をマスターしておけば、様々なシーンで便利に活用することができると思います。

使えそうなテクニックがあれば、是非お試し下さい!

上記以外の「スクリーンショット」に関連する記事もあわせてどうぞ!

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top