iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

【Mac】QuickTime Player 10 でWMV動画を再生する方法(OS X El Capitan 編)

今回はMacの「QuickTime Player 10」でWMV動画を再生する方法をご紹介します。

スポンサード リンク


「QuickTime Player 10」でWMV動画を再生する方法

Apple純正の動画再生プレーヤー「QuickTime Player 10」を使ってWMV(Windows Media Video)を再生しようとすると、以下のようなエラーメッセージが表示されて再生できないのですが、コーデックコンポーネントを追加することでWMV動画を再生できるようになります。

How to play wmv videos in quicktime player 10 8

「OS X El Capitan」でWMV動画を再生する場合、Telestreamで配布している「Flip4Mac」をインストールする必要があります。ちなみに以前「Flip4Mac」は無料で利用できた時代がありましたが、現在は有料化されました。

How to play wmv videos in quicktime player 10 5

「Flip4Mac」を利用するには、ライセンスを購入し「「Flip4Mac.pkg」をインストールします。

How to play wmv videos in quicktime player 10 7

「Flip4Mac」をインストールすると、システム環境設定内に「Flip4Mac」のアイコンが表示されます。これで「QuickTime Player 10」でWMV動画を再生することができます。

How to play wmv videos in quicktime player 10 3

「QuickTime Player 10」でWMV動画を読み込むと、MOVファイルに変換されます。

How to play wmv videos in quicktime player 10 4

WMVファイルがMOVファイルに変換されるまで少し時間がかかりますが、上記の手順で「QuickTime Player 10」でWMV動画を再生することができますよ。

あとがき

あとがき

「QuickTime Player 10」を使ってWMV動画を再生するには、有料のコーデックコンポーネントを購入する必要があり、しかもWMVファイルを一度MOVファイルに変換してからの再生となるため、コスト、手間、時間がかかります。

特に「QuickTime Player 10」にこだわりがなければ、「VLC」「Rocket Video Player」「Movist」「MPlayerX」などのサードパーティー製アプリを使ったほうが快適にWMV動画を視聴できると思います。

どうしても「QuickTime Player 10」を使ってWMV動画を再生したい場合は、上記の手順を参考に有料の「Flip4Mac」を導入してみてくださいね。

source:QuickTime でサポートされるメディア形式を拡充する - Apple サポート

Return Top