iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

iTunes のライブラリを外付けハードディスクに移動する方法

今回はMacの「iTunes」で、ライブラリフォルダを外付けハードディスクに移動する方法をご紹介。

iTunesで管理しているメディアが内部ストレージを圧迫してきたときに使うと便利な小技です。

スポンサード リンク


iTunes のライブラリを外付けハードディスクに移動する方法

iTunesのライブラリに音楽、アプリ、映画などのコンテンツがどんどん蓄積されていくと、Macの内部ストレージがどんどん消費されていきます。

特にMacBookのような少ないストレージのマシンをメインに使用している場合、iTunesライブラリを外付けのハードディスクに移行しておくと、内部ストレージの消費量を節約しておくことができます。

▼やり方は簡単です。まずMacの「iTunes」を起動し、メニューバーから「環境設定」にアクセスします。

How to move your itunes library to external hard disk2

▼つぎに「詳細」タブを開き「変更」ボタンをクリックして、「iTunes Media」フォルダの場所を外付けハードディスクに変更するだけでOK!

How to move your itunes library to external hard disk3

次回以降の利用からiTunesのメディアは外付けハードディスク内にある「ライブラリフォルダ」に保管されていきますよ。

あとがき

あとがき

但し、iTunesのライブラリを外付けハードディスク内に置いた場合、ハードディスクの電源がオンになっていないと「iTunes」ライブラリにアクセスできないので注意が必要です。

Macの内部ストレージを節約したい時は是非参考にしてください。

当ブログでは「iTunes」に関連するTipsをいくつかご紹介していますので、こちらの記事もあわせてご覧ください。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top