iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

【悲報】Mac版「ClamXav」有料化!どのウイルス対策アプリに乗り換えたらいい?

無料で使えるウイルス対策アプリとして有名だったMac版「ClamXav」がバージョン2.8で有償化され、1ライセンスが3,834円となっています。

スポンサード リンク

「ClamXav」有償化。30日間の試用期間あり。1ライセンス3,834円に。

無料で使えるウイルス対策アプリとして人気の「ClamXav」ですが、バージョン2.8で有償化され、1ライセンス3,834円となっています(現在25%オフのプロモーション価格で2,876円)。

Canimaan Software Ltdの説明によると、今回の有償化は「ClamXav」の開発、新機能の追加、迅速な不具合の修正などをサポートしていくために必要な措置であると説明しています。ずっと無料で使えたウイルス対策アプリだっただけにちょっと残念ですね。

ClamXav - Transition to Commercial Software Fee reduction clamxav1

「ClamXav」は、開発者のMark Allan氏が所有する「Canimaan Software Ltd」へライセンスが移譲され、今後もClamXavの開発が進められていくそうです。

Fee reduction clamxav2

Macのウイルス対策アプリはどれを選べばいい?

今回「ClamXav」が有償化されたことで、Macのウイルス対策アプリの乗り換えを検討されている方もいると思います。

AV-TESTが2015年に公開したMac用ウイルス対策アプリを比較したデータによると、元々「ClamXav」はマルウェアの検出率があまり高くなかったようですね。

AV-TESTは、Macのシステムに負荷をかけず、マルウェアの検出率が高いアプリとして無料のウイルス対策アプリであれば「Avira」「Avast」、有料アプリであれば「シマンテック」と「Bitdefender」を推奨しています。

一応、個人的に僕が現在使用しているMac用ウイルス対策アプリをご紹介しておくと、Bitdefender社が「Mac App Store」で提供している「Virus Scanner Plus」がおすすめです。

Virus Scanner PlusVirus Scanner Plus
価格: ¥3,600(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

マルウェアの検出率の高さはもちろん、Windowsのマルウェアも検出し、Safari,Chrome,Firefoxに専用の拡張機能をインストールすることによって、ブラウザでウェブサイトにアクセスする前にそのサイトがマルウェアで感染していないかどうかもチェックすることが可能です。

また「Mac App Store」で公開されているウイルス対策アプリとしては珍しい常時監視機能も付いています。

あとがき

あとがき

「ClamXav」の有償化でMacのウイルス対策アプリの乗り換えを検討している方は、セキュリティ研究機関のAV-TESTの評価を参考にして決めるのがいちばん良いと思います。

是非、参考にしてくださいね。

当ブログではセキュリティ関連の記事も多くご紹介していますので、こちらのトピックもあわせてご覧ください。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
(最終更新:2016年5月12日)
Return Top