iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

「Apple ID」管理ページでアプリ(App)用パスワードを作成する方法

Apple IDの2段階認証で App 用パスワードを作成する方法をご紹介!

このApp 用パスワードは、2014年10月10日以降、他社製アプリケーションを使用するときにiCloudに安全にサインインするために必要なパスワードとなるそうです。

本日、Appleからこんなメールが届きました。

Apple ID と iCloud に保存したデータのセキュリティ保護に2ステップ確認をご利用いただきありがとうございます。
このメールは、明日よりサードパーティ製の App(Microsoft Outlook, Mozilla Thunderbird、またはその他のメール、連絡先、カレンダーアプリなど)を使って iCloud に保存されたデータにアクセスする際に、App 用パスワードが必要になることをお知らせするものです。
現在、ご利用の Apple ID でサードパーティ製 App にサインインしている場合は、この変更が有効になる際に自動サインアウトされます。その後、App 用パスワードを作成して再びサインインしてください。

というわけで2014年10月10日よりiCloudと同期するサードパーティー製アプリにアプリ用パスワードを設定する必要があるそうです。

スポンサード リンク


アプリ(App)用パスワードを作成する方法

追記:2016年3月28日

「Apple ID」の管理ページのデザインが大幅に変更となったため、現在のデザインに合わせて画像や文章を変更しています。

では、App用のパスワードを作成する方法をおさらいしておきましょう。

▼まず「Apple ID を管理」ページにアクセスしログインします。

how-to-change-password-for-apple-id5.jpg

▼つぎに【セキュリティ】にある「編集」リンクをクリックします。

2-step-verification-of-apple-id-app-password-edit4

▼【App用パスワード】にある「パスワードを生成」をクリックします。

2-step-verification-of-apple-id-app-password-edit3

▼「このパスワードのラベルを入力」に、任意の名前(わかりやすければ何でも良い)を設定します。

2-step-verification-of-apple-id-app-password-edit2

▼App用パスワードが発行されるので、パスワードをコピーして他社製アプリ内に貼り付ければOKです。

2-step-verification-of-apple-id-app-password-edit1

iCloud機能を使うアプリにはApp用パスワードが必要!

あとがき

「Airmail」や「Spark」などサードパーティー製アプリで「iCloud」アカウントを追加するには、「Apple ID」管理ページ内でアプリ(App)用パスワードを作成する必要があります。

作成したアプリ用パスワードは、1つのアプリにつき1つ必要となっており、その都度作成する必要がありますので上記の手順を参考にアプリ用パスワードを作成してみてくださいね。

「Apple ID」の2ステップ確認やパスワードに関連する内容は以下の記事でもご紹介していますので、是非あわせてご覧ください。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top