iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

OS X Yosemite:「iOS 8」との連携でiPhoneの電話をMacで使う方法

「OS X Yosemite」と「iOS 8」を連携させると、iPhoneの電話の発着信をMacで対応することができるようになりました。

今回はMacで電話の発着信をするための設定方法をご紹介します。

スポンサード リンク

Macの「FaceTime」でiPhone発着信の設定をする

まず「FaceTime」を起動し「環境設定」を選択します。

FaceTimeの環境設定を選択する

つぎに「設定」タブにある「Apple ID」がサインインされている状態を確認し「iPhoneセルラー電話」を有効にします。

iPhoneの通話を有効にする

これでMac側での設定は完了です。

iPhoneの「FaceTime」で「iPhoneでの通知」を有効にする

つぎにiPhoneの「設定」→「FaceTime」の順に進み「FaceTime」と「iPhoneでの通知」が有効になっていることを確認します。

またMacの「FaceTime」と同じ「Apple ID」でサインインされているかどうかもチェックしておきましょう。

iPhoneのFaceTimeの設定で「iPhoneでの通話」を有効にする

iPhoneへの着信をMacで受け取ることができる!

以上の設定を済ませると、Macで電話の発着信をすることができます。

例えば、iPhoneに電話の着信が入ると、Macのデスクトップに着信の通知が表示され、FaceTimeを利用して電話の相手と会話することができます。

iPhoneの着信がMacに表示される

もし、すぐに電話に出られない時はメッセージで返信したり、少し時間を置いて通知することができます。

すぐに電話に出られないときはあとで通知することも可能

不在着信も通知センターで表示されるので、iPhoneがカバンの中に入ったままでも、Macから着信のチェックができるので便利ですよ!

不在着信も表示される

ちなみに着信だけではなく、Macから電話の発信もできるので、ほぼすべての電話機能をMacに任せることができます。

iPhoneが手元になくてもMacで電話対応ができる!

あとがき

「OS X Yosemite」と「iOS 8」を連携させれば、iPhoneの電話対応をMacでカバーすることができますよ!

とても便利な機能なので、是非活用してみてください!

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
(最終更新:2014年11月8日)
Return Top