iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

OS X Yosemite:Macの「メール」アプリで最大5GBまでのファイルをメールで送信できる「Mail Drop」

メールで大きなサイズの写真や動画を送信したときに、ファイルの容量が大きすぎてメールで送信できなかったことはありませんか?

「OS X Yosemite」の「Mail Drop」機能を使うと、1回の送信につき最大5GBまでのファイルをiCloud経由でメール送信することができますよ!

まず「iCloud」にサインインしていることを確認し「メール」の「環境設定」→「アカウント」の順に進みます。

そして「詳細」タブで「大きい添付ファイルを Mail Drop で送信」が有効になっているか確認してください。

ちなみに「Mail Drop」は「iCloud」のメールアカウントのほか、「Gmail」アカウントを代表する様々なメールアカウントにも対応していますよ。

メールの設定で「大きい添付ファイルをMail Drop で送信」を有効にする

あとは「設定」の確認が済んだら、新規メールにファイルを添付して送信するだけでOK!

ファイルの添付はウィンドウ内にファイルをドラッグ&ドロップするか、添付ファイルアイコンをクリックしてファイルを添付してください。

メールにファイルを添付して送信する

例えば、先ほど送信したメールを、iPhoneの「メール」アプリで受信すると、添付したファイルそのものを受信するのではなく、ファイルのダウンロードリンクが記載されたメールを受信します。

このダウンロードリンクをタップすることで、添付したファイルをダウンロードすることができますよ!

iPhoneの「メール」アプリはファイルのダウンロードリンクからファイルを受信できる

またMacの「メール」アプリで受信する場合は、添付ファイルをそのまま受信することができますが、サードパーティ製のアプリも受信したダウンロードリンクをクリックすることでファイルをダウンロードすることが可能です。

サードパーティ製のアプリでもダウンロードリンクからファイルを受信できる

尚「Mail Drop」で送信したファイルは30日間保存される仕様になっているので、この期間内であれば添付ファイルを自由にダウンロードすることができますよ。

スポンサード リンク


大きいファイルでも気にせずにどんどんメールで送信できる!

あとがき

サービスプロバイダのメール送信の容量制限があると、サイズの大きいファイルを送ることができませんが、「Mail Drop」を使えば、プロバイダの容量制限を気にせずに大きなサイズの添付ファイルを送信することができますよ。

動画、プレゼンテーション資料、画像のやりとりも今まで以上に快適になるはずです。

大きな添付ファイルをメールで送りたいときに役立つ機能なので、是非活用してみてください!

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top