iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

OS X Yosemite:「Instant Hotspot」の設定方法。Mac と iPhoneで超簡単にテザリング(インターネット共有)ができる!

OS X Yosemite:「Instant Hotspot」の設定方法。Mac と iPhoneで超簡単にテザリング(インターネット共有)ができる!

「OS X Yosemite」の新機能として追加された「Instant Hotspot」を使うと、たったのワンクリックでMacとiOSデバイス間のテザリング(インターネット共有)ができるようになりました。

今回はMacとiOSデバイス間の「Instant Hotspot」を使う方法をご紹介します!

スポンサード リンク

「Instant Hotspot」とはどんな機能?

今まで面倒な設定をしなければ使えなかったテザリング(インターネット共有)が、たったのワンクリックで設定できるようになりました。

カバンの中にiPhoneを突っ込んだままでも、Macのメニューバーからワンクリックでインターネット共有ができるので、ほとんど手間もかからず、スピーディーにインターネットを楽しむことができますよ。

「Instant Hotspot」を使うための条件

「Instant Hotspot」を使うためには、双方のデバイスが以下の条件を満たしている必要がありますので、事前に確認してみてください。

Macの条件

  • MacBook Air(Mid 2012)〜
  • MacBook Pro (Mid 2012)〜
  • Mac mini(Mid 2012)〜
  • iMac(Late 2012)〜
  • Mac Pro (Late 2013)〜
  • 「OS X Yosemite」が既にインストールされているMac

iOSデバイスの条件

  • iPhone 5 〜
  • iPad(第4世代)〜
  • iPad Air
  • iPad mini
  • iPad mini Retina ディスプレイモデル
  • iPod touch(第5世代)〜
  • 「iOS 8.0」にアップデートされているiOSデバイス
  • 既にテザリングオプションに加入している

両方のデバイスに共通する設定

  • 双方のデバイスが「Bluetooth 4.0」を搭載している。
  • 双方のデバイスが「Bluetooth」をオンにしている。
  • 双方のデバイスが「Wi-Fi」をオンにしている。
  • 双方のデバイスが同じ「Apple ID」を使用して「iCloud」にサインインしている

Macで「Instant Hotspot」を使ってiPhoneとテザリングする方法

まずお使いのMacが、iOSデバイスと同じ「Apple ID」を使用して「iCloud」にサインインしているか確認しましょう。

iOSデバイスと同じApple ID で iCloudにログインしているか確認する

あとはMacのメニューバーを選択し「インターネット共有」に表示されたiPhoneデバイスをワンクリックするだけで、テザリング(インターネット共有)することができますよ!

メニューバーからインターネット共有のデバイスをiPhoneに設定する

もし「Instant Hotspot」がうまく使えない場合、MacもしくはiOSデバイスの条件を満たしていないか、双方のデバイス間の設定に不備があると思われますので、再度確認してみましょう。

iPhoneをカバンの中に入れたままでも、すぐにテザリング(インターネット共有)ができる!

あとがき

「Instant Hotspot」を使えば、わざわざiPhoneを取り出して面倒な設定をしなくても、すぐにテザリング(インターネット共有)を楽しむことができますよ!

たったのワンクリックで設定できるので、手間も時間もかかりません。

MacとiOSデバイス間でテザリング(インターネット共有)をするときは、是非「Instant Hotspot」を活用してみてください!

尚、iPhoneとiPad間で「Instant Hotspot」を設定するときは以下の記事を参考にしてください。

ちなみに「Instant Hotspot」をうまく設定できないときは、こちらの記事を参考にすると解決できるかもしれません。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top