iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

OS X Yosemite:「Handoff」の設定方法。前回までの作業の続きを Mac、iPhone、iPad 間ですぐに再開できる!

「OS X Yosemite」で新機能として追加された「Handoff」の設定方法をご紹介!

「Handoff」を使えば、MacやiPhone、iPadで前回までの作業の続きをすぐに再開することができますよ!

Macで「Handoff」機能を使うためには、iOSデバイスを含めた全ての機器で「Bluetooth」が有効になっていることを確認し「システム環境」の「一般」をクリックします。

「システム環境設定」から「一般」を選択する

つぎに「この Mac と iCloud デバイス間でのHandoffを許可」が有効になっているかどうか確認しておきましょう。これで事前の準備は完了です。

この Mac と iCloud デバイス間でのHandoffを許可にチェックを入れる

例えば、iPhoneの「Pages」アプリで文書作成をしていたとすると…

iPhoneの「Pages」アプリで文書作成をする

Macの「Dock」に「Pages」アプリが出現するので、これをクリックします。

Macの「Dock」に「Pages」のアイコンが表示される

あとは自動的にMacアプリの「Pages」が起動し、iPhoneアプリの「Pages」で作業していた文書作成の続きをすぐに再開することができますよ!

Mac版「Pages」が起動しiPhoneの文書作成の続きを再開できる
スポンサード リンク


「Handoff」を使うとMacとiOSの連携作業がスムーズに!

あとがき

現在、Apple純正のアプリで「Handoff」に対応しているのが「メール」「Safari」「Pages」「Numbers」「Keynote」「マップ」「メッセージ」「リマインダー」「カレンダー」「連絡先」などがあり、人気タスク管理アプリの「Things」など、サードパーティ製アプリも続々と「Handoff」に対応してきています。今後が楽しみですね。

今回はiPhoneでの作業の続きをMacで再開する流れを説明しましたが、逆のパターン(Macの作業の続きをiPhoneで再開するとき)は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね!

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top