iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

「OS X El Capitan」の便利な新機能と使い方まとめ

今回は「OS X El Capitan」の新機能や便利な使い方をまとめてお届けします。気になるものがあれば是非チェックしてみてください。

スポンサード リンク


「Safari」の「ページピン」機能でタブ機能がさらに便利に!

「OS X El Capitan」でバージョン 9.0にアップデートされた「Safari」はタブ機能が強化され、お気に入りのサイトをタブバーに固定できる「ページピン」機能が搭載されました。

また「Safari」で動画や音楽を再生しているときに、任意のタブ、もしくはすべてのタブから出る音を消すことができるミュート機能も使えて便利になっています。

「Safari」関連の小技になりますが、「レスポンシブ・デザイン・モード」を使うとウェブサイトのスマホやタブレットの画面表示を確認することができます。メディア運営者にとっては便利な機能になりそうです。

2つのアプリをフルスクリーン表示に並べて操作できるSplit View(スプリット・ビュー)

「iOS 9」でiPad向けに提供された「Split View(スプリット・ビュー)」が「OS X El Capitan」でも利用できるようになりました。

「Split View(スプリット・ビュー)」とは2つのアプリケーションをフルスクリーン表示に並べて同時に操作できる機能で、この機能を活用すれば今まで以上にMacの作業効率がアップするはずです。

ちなみに「Split View(スプリット・ビュー」がうまく機能しない場合、「Mission Control」の「ディスプレイごとに個別の操作スペース」にチェックが入っているか確認してみましょう。

進化した「メモ」アプリ!何でも保存可能に!

個人的にいちばんのオススメ機能がバージョン4.0に進化した「メモ」アプリ。

「OS X El Capitan」の「メモ」は、画像の添付はもちろん、マップ、手書きイラスト、動画、お気に入りのウェブサイトのリンクなど、ありとあらゆるものを自由に保存できるようになりました。

僕は今まで「メモ」アプリに魅力を感じたことはなくて、ずっと使っていませんでしたが、今回のバージョンアップで常用アプリのひとつとなりました。

「写真」アプリの画像編集機能が大幅に強化!

今までApple純正の「写真」アプリは、画像管理の機能が中心で、編集機能がかなり弱い状態でした。

しかし「OS X El Capitan」では「写真」アプリにサードパーティー製アプリの画像編集機能を「機能拡張」としてインストールすることが可能となり、画像編集機能を大幅に強化することが可能となっています。

今後は画像管理アプリとしてだけではなく、画像編集アプリとしても活躍しそうな新機能で、いつか「Photoshop」を超える日もやってくるかもしれません。

「ディスクのアクセス権の検証/修復」は自動に!

「OS X Yosemite」まではユーザーが自由に操作できた「ディスクのアクセス権の検証/修復」は、「OS X El Capitan」では削除され、システム側で自動に行われる仕様になりました。

「ディスクのアクセス権の検証/修復」が自動で実施されるようになったことでメンテナンスの手間は省けますが、自由に操作できなくなった不便さもあり、個人的には少し残念に思っています。

ちなみに「OS X El Capitan」でディスクのアクセス権の検証/修復を実行したい場合は、サードパーティー製アプリ「Onyx」を使う方法がありますので、こちらを参考にしてください。

「OS X El Capitan」のあまり知られていない便利な小技

「OS X El Capitan」には、あまり目立たない地味な新機能もいくつか追加されています。気になるものがあれば是非チェックしてみてください。

あとがき

あとがき

「OS X El Capitan」は、旧バージョンの「OS X Yosemite」の改良版という位置づけでリリースされ、旧バージョンで使いにくかった部分が大幅に改善しています。

「OS X El Capitan」はあまり目立たない地味な新機能が多いですが、知っておくとかなり便利な機能もあるので是非チェックしてみてください。

「El Capitan」の新機能とあわせて知っておくと便利な機能をまとめた記事もありますので、是非こちらもご覧ください。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
(最終更新:2016年8月14日)
Return Top