iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

macOS Sierra:ピクチャー・イン・ピクチャー(Picture in Picture)の使い方

今回は「macOS Sierra」の新機能「ピクチャー・イン・ピクチャー(Picture in Picture)」の使い方をご紹介します。

スポンサード リンク

ピクチャー・イン・ピクチャー(Picture in Picture)とは?

「macOS Sierra」の新機能として登場した「ピクチャー・イン・ピクチャー(Picture in Picture)」は、「Safari」や「iTunes」で再生している動画を、デスクトップ画面の独立した領域で再生できる機能で、他の作業をしながら快適に動画を視聴することができます。

ピクチャー・イン・ピクチャー(Picture in Picture)の使い方

▼やり方は簡単です。まず「Safari」でアクセスしたWebサイトに埋め込まれている動画をピクチャー・イン・ピクチャー(Picture in Picture)にする場合、下の画像の丸印で囲んだアイコンをクリックします。

Using picture in picture sierra1

▼すると、再生中の動画はデスクトップ画面の片隅に移動し、他の作業をしながら快適に動画を視聴することができます。

Using picture in picture sierra2

▼「YouTube」の動画を再生する場合は、動画画面上で2回右クリックすると「ピクチャ・イン・ピクチャにする」が表示されるので、クリックします。

Using picture in picture sierra3

▼すると、YouTube動画を独立した領域で再生することができますよ!

Using picture in picture sierra4

あとがき

あとがき

「YouTube」のように動画内に「ピクチャ・イン・ピクチャ」のアイコンがデフォルトで表示されない場合は、2回右クリックすると「ピクチャ・イン・ピクチャにする」ボタンが表示されますよ!

動画を視聴しながら別の作業をしたいときに使うと便利な機能ですので、興味のある方は是非お試しください。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top