iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

MacのDVDプレーヤーを起動したときにフルスクリーン画面にしない方法

今回はMacのDVDプレーヤーを起動したときにフルスクリーン画面にしない方法をご紹介!

DVDプレーヤーを起動するたびにフルスクリーン画面にしたくないときに役立つ小技です。

スポンサード リンク


いつもフルスクリーン画面でDVDを見たいわけではない。

Macに接続した「Apple USB SuperDrive」にDVDメディアを挿入すると、デフォルト(標準)設定でフルスクリーン画面になってしまいます。

いつもフルスクリーンでDVDを視聴するのであればそのままの設定でかまわないのですが、起動するたびにフルスクリーンにしたくないときは設定を変更してしまいましょう。

やり方は簡単です。「DVDプレーヤー」を起動したら、メニューバーの「DVDプレーヤー」→「環境設定」の順にクリックします。

How not to full screen screendvd player mac2

あとは「プレーヤー」タブにある【DVDプレーヤーを開いたとき】にある「フルスクリーンモードにする」のチェックを外すだけでOK!

How not to full screen screendvd player mac3

これで「DVDプレーヤー」を起動しても、フルスクリーンにならなくなりますよ。

【関連】光学式ドライブを搭載していないMacでDVDやCDを使う方法

【関連】iDVDがなくてもiMovieでDVDを作る方法

【関連】MacのDVDプレーヤーを自動で起動させない方法

【関連】MacでDVDを見るときのドライブリージョンの設定方法

あとがき

あとがき

Macで何かの作業をしながらDVDを視聴したいときに、フルスクリーン画面にしたくないようなケースが少なからずあると思います。

そんな時はデフォルトのフルスクリーン設定を解除すると良いですよ!

是非参考にしてくださいね。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top