iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

Apple、「watchOS 2.1」をリリース

Appleは、2015年12月9日に新しい言語のサポートおよび複数のバグ修正を含むソフトウェアアップデート「watchOS 2.1」をリリースしています。

スポンサード リンク


新機能の追加はなし!新しい言語の追加とバグ修正がメインに

今回のアップデート内容は以下の通りで、新しい言語の追加と複数の不具合修正が主な内容となっています。

  • アラビア語・チェコ語・ギリシャ語・ヘブライ語・ハンガリー語・マレー語・ポルトガル語・ベトナム語のシステム言語サポートを追加
  • 右から左に読み書きする言語のユーザーインターフェイスサポートを追加
  • アラビア語でラテン数字とヒンディー数字間の切り替え機能を追加
  • イスラム暦とユダヤ暦の新しいコンプリケーションを追加
  • アラビア語のSiriおよび音声入力サポートを追加
  • 英語(マレーシア)・チェコ語・ギリシャ語・ヘブライ語・ハンガリー語・ポルトガル語・ペトナム語の音声入力サポートを追加
  • カレンダーコンプリケーションでイベントがアップデートされない問題を修正
  • 省電力モードで時刻が表示されない問題を修正
  • 他社製Appのアイコンが正しく表示されない問題を修正
  • システム言語の変更時に動作が不安定になる問題を修正

「watchOS 2.1」へアップデートする方法

ちなみに「watchOS 2.1」へのアップデート方法は以下の通りです。

「Apple Watch」を充電し、iPhoneと通信圏内にある状態で「iPhone」の「Apple Watch」アプリを起動します。

続けて「一般」→「ソフトウェア・アップデート」の順にタップします。

Watchos 2 12

最後に「ダウンロードとインストール」を選択すればアップデートが開始されますよ!

Watchos 2 11

あとがき

あとがき

最近、時々ですがサードパーティー製のアプリのアイコンが一部うまくインストールできず、中身のない枠だけのアイコンが表示されることがあるのですが、このアップデートで解決するといいな-。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top