iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

アップル、SIMフリー版 iPhoneを値下げ

Apple系ニュースメディア「Linkman」によると、Appleが2016年4月22日よりSIMフリー版「iPhone SE」「iPhone 6/6 Plus」「iPhone 6s/6s Plus」を値下げしていると伝えています。

スポンサード リンク

SIMフリー版 iPhone SE・6/6 Plus・6s/6s Plusが値下げに

本日、値下げとなったのはSIMフリー版の「iPhone SE」「iPhone 6/6 Plus」「iPhone 6s/6s Plus」で、以下の価格に変更されました。

「iPhone 6/6 Plus」

  • iPhone 6(16GB):74,800円→67,800円(-7,000円)
  • iPhone 6(64GB):86,800円→78,800円(-8,000円)
  • iPhone 6 Plus(16GB):86,800円→78,800円(-8,000円)
  • iPhone 6 Plus(64GB):98,800円→89,800円(-9,000円)

「iPhone 6s/6s Plus」

  • iPhone 6s(16GB):86,800円→78,800円(-8,000円)
  • iPhone 6s(64GB):98,800円→89,800円(-9,000円)
  • iPhone 6s(128GB):110,800円→101,800円(-9,000円)
  • iPhone 6s Plus(16GB):98,800円→89,800円(-9,000円)
  • iPhone 6s Plus(64GB):110,800円→101,800円(-9,000円)
  • iPhone 6s Plus(128GB):122,800円→113,800円(-9,000円)

「iPhone SE」

  • iPhone SE(16GB):52,800円→47,800円(-5,000円)
  • iPhone SE(64GB):64,800円→59,800円(-5,000円)

現時点でアップルから正式な発表はありませんが、おそらく最近の円高に対応したものと思われます。

あとがき

あとがき

ちなみにAppleの公式サイト「返品・送料を含む販売条件」によると、今回値下げの対象となったiPhoneを受け取った日から14日以内であれば、値下げ前の差額の返金を求めることができるようです。

Appleは、Apple Storeで展示される製品の価格をいつでも変更し、不注意で起こる価格表示の誤りを修正する権利を有するものとします。

Appleが、お客様が製品を受け取った日から14日以内にApple純正品の製品価格を減額した場合、お客様はご請求金額と値下げ後の販売価格との差額の返金を求めることができます。返金を受けるには、直営店のApple Storeにご来店いただくか、Appleコンタクトセンター(0120-993-993)までお電話ください。返金を受けるには、値下げ価格の発表から14日以内にAppleまでご連絡ください。

価格保護の対象は、特定の製品につき最大10台までに限られます。さらに、価格保護を申し出る場合は、製品を実際に所有しているか、所有していることを証明できる必要があります。

引用元:返品・送料を含む販売条件 - Apple(日本)

特に「iPhone SE」を発売日から少し遅れて購入したユーザーは返金の対象となる可能性が高いので、期限内に手続きされることをおすすめします。

source: Linkman

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top