iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

MacBook と iPhone の「AppleCare」はバッテリー容量が元の80%未満に劣化すると交換保証対象に

Appleは、iPhone と MacBookの「AppleCare Protection Plan」をの規約を更新し、バッテリー容量が元の80%未満に劣化したものに関して交換保証の対象とするとしています。

スポンサード リンク


iPhone のバッテリーが元の80%未満に劣化すると交換可能に!

従来はバッテリー容量が元の50%未満しか機能しなくなった場合のみ交換保証の対象となっていましたが、今回の規約の変更によりバッテリー容量が「50%未満」→「80%未満」へと大幅に緩和されています。

対象となるデバイスは「iPhone」のほか、「iPad」、「iPod」、「Apple Watch」、「Apple Watch Sport」となっています。

さらに「MacBook」シリーズもバッテリーが元の80%未満に劣化すると交換可能に!

また Mac Rumors によると、「MacBook」シリーズの「AppleCare Protection Plan」の規約も変更され、バッテリーが元の80%未満しか機能しなくなった場合に交換することが可能となったようです。

日本語のAppleサポートページにはまだ反映されていませんが、そのうち変更となった規約が明記されるものと思われます。

あとがき

あとがき

iPhone、MacBookともにバッテリーの交換をしてもらうためには「AppleCare」に加入していることが条件となりますが、従来の「50%未満」→「80%未満」への大幅緩和はユーザーにとって嬉しい対応になりますね。

特にiPhoneに関してはほぼ毎日充電することがほとんどなので、バッテリーの劣化も激しく「AppleCare Protection Plan」に加入する価値は十分にあると思います。

個人的には新型iPhone 6s を購入したら、「AppleCare Protection Plan」に加入しようかなーと検討中です。

source:AC+ JapanMac Rumors

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top