iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

Apple、「MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム」発表

Appleは、2019年5月22日に特定のMacBook、MacBook Air、MacBook Pro のごく一部のキーボードに不具合が現れる場合があるとして、対象モデルのキーボードを無償修理する「MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム」を発表しました。

スポンサード リンク


ノートブックのキーボード不具合を無償修理へ

今回発表された修理プログラムが対象となるモデルは以下の通りです。

  • MacBook (Retina, 12- inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12- inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12- inch, 2017)
  • MacBook Air (Retina, 13- inch, 2018)
  • MacBook Pro (13 -inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15- inch, 2016)
  • MacBook Pro (15- inch, 2017)
  • MacBook Pro (13- inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15- inch, 2018)
  • MacBook Pro (13- inch, 2019, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15- inch, 2019)

上記のモデルのごく一部に以下の症状が現れることがあります。

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

修理手続きの方法

Apple 正規サービスプロバイダ、Apple Store 直営店、配送修理で修理手続きが可能です。

以下の修理プログラムのページに予約及び配送手続きができるリンクがありますので、そちらから手続き可能です。

MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム - Apple サポート

ちなみに、修理開始前にAppleで実機検査が行われ、Macのノートブックがプログラムの適用対象かどうかの検証後、無償修理となるとのこと。

個人的には上記の修理プログラムの対象であっても、症状が出ていなければ修理は必須ではないと考えますが(修理しても根本解決しないケースも多々あり)、既に症状が出て困っている方は修理プログラムを適用されることをおすすめします。

Return Top