iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

Apple、次期 OS X を「OS X El Capitan(エル・キャピタン)」 と発表

Appleは「WWDC 2015」において、次期 OS X となる「OS X El Capitan(エル・キャピタン)」を発表しています。

新しいコアテクノロジー「Metal」の搭載、新機能の「Split View」はもちろん、従来のアプリもさらにブラッシュアップされた盛りだくさんの内容となっています。早速チェックしていきましょう!

スポンサード リンク

メール

Os x el capitan5

iOSの「メール」アプリのように、スワイプによる既読、フラグ追加、メッセージを削除することが可能となり、今まで以上に直感的な操作が可能となりました。

またフルスクリーン状態でも複数のメールをタブ化して表示することが可能となったため、メールの切り替えが今まで以上にスムーズとなっています。

Split View

Os x el capitan4

フルスクリーン表示で2つのアプリケーションのウィンドウを並べて表示することが可能となり、同時に2つの作業に集中することができます。

Safari

Os x el capitan15

「Safari」には、ページピン機能を搭載。普段からよく見るサイトやあとで読みたいサイトは、タブをSafariの左へ寄せることでピン留めすることが可能で、いつでも最新の状態を保ったままキープしておくことができます。

また複数のタブを開いた状態で、Safari で動画や音楽を再生している時に、特定のタブから流れているサウンドを消音にしたり、一気に全てのタブからサウンドをオフにすることも可能となっています。

Spotlight

Os x el capitan3

現在の天気、スポーツ、株価、インターネット上にあるビデオ、交通機関情報の検索結果などを表示することが可能。

またさらに賢くなった「Spotlight」は自然言語処理が可能となり、普段話している会話のような文章で入力しても検索できるとのこと。

実際に「Spotlight」に日本語の文章を入力してみないと、どこまで正確に検索できるのかわかりませんが、かなり期待できる新機能となっています。

Mission Control

Os x el capitan14

「Mission Control」もさらに便利になっています。デスクトップ上に複数のウィンドウを開いていても、全てのウィンドウが重ならないように並べてくれるので、今まで以上に作業効率がアップしそう。

新しい日本語入力の追加

Os x el capitan31

「OS X El Capitan(エル・キャピタン)」では、キーボードを入力するたびにライブ変換されるようになっており、日本語入力が飛躍的に改善されているようです。今までのように変換のたびにスペースキーを押す手間がなくなるとのこと。

新しい日本語フォントの追加

Os x el capitan32

また「OS X El Capitan(エル・キャピタン)」には以下の4つの日本語フォントが新たに追加されています。

  • クレー
  • 筑紫A丸ゴシック
  • 筑紫B丸ゴシック
  • 游明朝体+36ポかな

Metalグラフィックスを搭載してパフォーマンスがアップ!

Os x el capitan42

「Metal」と呼ばれるグラフィックスの新しいコアテクノロジーを搭載することにより、システムレベルのグラフィックスレンタリングが最大50%向上し、その効率も最大40%向上しているとのこと。

この「Metal」の搭載により、高性能なアプリケーションやゲームのグラフィックスパフォーマンスが大幅に進化しているようです。

ちなみに「OS X El Capitan(エル・キャピタン)」では以下のような感じであらゆるパフォーマンスがアップしています。

Os x el capitan41
  • アプリケーションの起動:1.4倍高速に
  • アプリケーションの切り替え:2倍高速に
  • Eメールの表示:2倍高速に
  • プレビューでPDFを開く:4倍高速に

デベロッパーには本日からリリース!

Os x el capitan16

気になるリリース次期については、デベロッパーには2015年6月9日から「OS X El Capitan(エル・キャピタン)」のベータ版が提供されます。

正式リリースは今年の秋を予定!

Os x el capitan2

正式なリリース次期は今年の秋を予定。無料でアップグレードが可能となっています。

あとがき

あとがき

「OS X El Capitan(エル・キャピタン)」 の内容を振り返ると、操作性とパフォーマンスの向上がメインとなっていますが、iOSの直感的な操作をうまく吸収しながら着実に進化している印象を受けました。

秋までの正式リリースまでかなり時間はありますが、「OS X Yosemite」より劇的に進化した「OS X El Capitan(エル・キャピタン)」 を一日も早く体験したくなってきました。

また正式リリースされたら「OS X El Capitan(エル・キャピタン)」 の使い方も詳しく解説していきたいた思っています。お楽しみに!

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top