iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

Apple、「iOS 9」を発表

Appleは、「WWDC 2015」において「iOS 9」を発表しています。

バッテリー改善やアップデート容量の削減はもちろん、iOSデバイスの使い勝手が劇的に良くなる新機能が満載となっています。早速チェックしてみましょう!

スポンサード リンク

Siri

Ios 9 release42
  • 40%高速化。より正確な返答をすることが可能に。
  • 写真の検索、リマインダー対応など、今まで以上に多くの検索が可能に。

Spotlight

Ios 9 release43
  • ユーザーの趣味嗜好、行動を推測して最適な情報を提案することが可能に。
  • 時間と場所に合わせて、食事、買い物、趣味、音楽、連絡相手などを表示。

CarPlay

Ios 9 release41
  • 今までUSB接続が必要であった「CarPlay」がワイヤレス接続が可能に。
  • 車メーカーがリリースするアプリに対応し、ステレオや空調システムをコントロール可能。

メモ

Ios 9 release4
  • 手書き機能を搭載。
  • To-doリストの作成に対応
  • カメラへのアクセスが可能となりメモ内に写真を貼り付けることが可能

マップ

Ios 9 release5
  • 路線図の表示に対応。
  • 乗換案内の表示に対応。
  • 日本は未対応。まずはニューヨーク、北京、上海などの世界の一部都市で利用可能。

News

Ios 9 release6
  • ニュース閲覧用の新しいアプリケーション「News」がリリース。ユーザーの好みに合わせてカスタマイズが可能。
  • アメリカ、イギリス、オーストラリアから先行提供開始。

iPad

Ios 9 release130
  • iPadのキーボードにショートカットバーが追加。コピペが簡単に!
  • 「マルチタスク機能」搭載。「Slide Over」「ピクチャ・イン・ピクチャ」が利用可能に。(初代iPad Air以降に対応)
  • 画面分割機能の搭載(iPad Air 2のみ対応)
  • 画面上で2本指を動かすとポインターの移動が可能

その他

  • 「メール」アプリに宛先をサジェストする機能が追加。
  • 「iCloud Drive」専用のアプリが提供される。
  • HomeKit対応の製品を「iOS 9」端末からコントロールできる。
  • 「Apple Pay」が「Passbook」と統合し「Wallet」に変更される。
  • iOSのアップデートに必要な容量が4.0GBから1.3GBへ削減。
  • バッテリー駆動を3時間延長。
  • 2015年2月よりイギリスで「Apple Pay」提供開始。
  • 「iOS 9」の対応デバイスは、「iPhone 4s」以降、「iPad 2」以降、第5世代「iPod Touch」以降となります。

今年の秋にリリース予定。

Os x el capitan2

「iOS 9」はデベロッパーにベータ版が2015年6月9日から提供され、パブリックベータは今年の秋にリリース予定となっています。

あとがき

あとがき

「iOS 9」はかねてよりユーザーの不満が大きかったバッテリー持ちの改善、アップデート容量が削減をされているのは嬉しいですね。

それと個人的にはiPadのマルチタスク機能と画面分割機能の搭載が神機能かなと思っています。

全体的にユーザーの趣味嗜好や行動を「iOS 9」が推測してくれる新機能が多いので、今まで以上に使い勝手が良さそうな気がします。

今から正式リリースが楽しみです。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top