iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

Apple、次期 macOS「Sierra(シエラ)」を発表

Appleは「WWDC 2016」の基調講演で、Mac向けの次期OS「macOS Sierra(シエラ)」を発表しました。

スポンサード リンク


macOS「Sierra(シエラ)」の新機能

Apple announced next macos sierra edit14

Appleは、「WWDC 2016」の基調講演において、「iOS」「watchOS」「tvOS」の名称スタイルに合わせ、今までMac向けに提供されていたOSの名称を「OS X」から「macOS」に変更し、次期「macOS」を「Sierra(シエラ)」とすることを正式に発表しました。

「OS X」から「macOS」に名称変更

macOS「Sierra(シエラ)」の新機能の詳細は以下の通り。

Auto Unlock(オート・アンロック)機能

Auto Unlock(オート・アンロック)機能

「Apple Watch」を装着してMacを起動する自動ログインが可能。Mac起動時にログインパスワードの入力が不要に。

Apple announced next macos sierra edit7

Universal Clipboard(ユニバーサル・クリップボード)機能

Universal Clipboard(ユニバーサル・クリップボード)機能

iPhone、iPadなどのiOSデバイスでコピーしたテキスト、写真、動画をMacのクリップボードと共有可能に。

Optimized Storage(オプティマイズ・ストレージ)機能

Optimized Storage(オプティマイズ・ストレージ)機能

Macの内部ストレージ使用量がいっぱいになった時、古くなったファイルを自動的に判別し、それらのファイルをクラウド上に移動させることが可能。Mac内部のストレージ容量を節約できる。

Mac内部のストレージ容量を節約

「Apple Pay on the web」

Apple Pay on the web

「Apple Pay」をiPhoneの「Touch ID」で認証し、MacのSafariで決済可能に。

Apple announced next macos sierra edit13

今後、数ヶ月の間にスイス、フランス、香港で利用可能。

Apple announced next macos sierra edit11

Picture in picture(ピクチャー・イン・ピクチャー)機能

Picture in picture(ピクチャー・イン・ピクチャー)機能

既に「iOS 9」で提供されていた「ピクチャー・イン・ピクチャー」をMacでも利用可能に。Macで動画をデスクトップ画面の最前面で再生しながら、他のアプリを利用できる。

「Siri」に対応

siri

ファイルの検索、「iTunes」のコントロール、画像検索、メッセージの返信などが可能に。

タブ機能の強化

Tabs

Mac上で使用する全てのアプリケーションをタブ化することが可能となり、今まで以上にウィンドウの操作が快適に。

Apple announced next macos sierra edit6

なお、macOS「Sierra(シエラ)」の開発者向けプレビューは本日(2016年6月14日)から提供が開始され、パブリックベータ版が7月、一般向けのリリースは秋頃を予定しています。

Apple announced next macos sierra edit16 追記

「iOS 10」の発表についても以下にまとめましたので、是非あわせてご覧ください。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top