iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

Mac購入後すぐに使いはじめるためにやっている環境設定の手順まとめ

Mac購入後すぐに使いはじめるためにやっている環境設定の手順まとめ

新しいMacを購入した時に、ゼロの状態からセットアップすると膨大な時間と手間がかかってしまうのですが、何度もセットアップを繰り返していると、なるべく手間をかけず短時間に設定できるようになってきました。

今回はMacを買ったその日からすぐに使いはじめるためにやっている環境設定の流れを厳選して、備忘録として残しておきたいと思います。

スポンサード リンク

1.「移行アシスタント」や「Time Machine」は使わず、ゼロの状態から短時間でMacを初期設定を済ませる

「移行アシスタント」や「Time Machine」を使えば、とても簡単かつ短時間にMacをセットアップすることができますが、旧マシンに蓄積したゴミファイルも一緒に吸収してしまう可能性があります。

個人的には、新しいMacが、前マシンの持っている不具合によってトラブルを起こすリスクを減らしたいので、多少時間はかかってもゼロからセットアップするようにしています。

2.ネットに接続する前にファイアウォールを有効にして最低限のセキュリティ対策を済ませる

Macのセットアップはインターネットを使って実施する作業も多いので、セットアップを開始するまえに必ずファイアウォールは有効にしておきたいところです。

3.真っ先にDropboxをインストールをして同期を開始する

Macのセットアップを短時間に済ませるポイントは、同期に時間がかかる「Dropbox」や「Evernote」のクラウドデータサービスの同期を早めに開始しておくことです。

特に「Dropbox」には「1Password」のデータを同期させて使用しているので、今後のログイン系セットアップ作業を効率よく進めるため、最初の段階で設定を済ませています。

4.1Passwordを早めに設定してあらゆるログイン作業をスピードアップさせる

1Password1Password
価格: ¥5,000(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

「1Passoword」はパスワードを保管するだけではなく、様々なアプリやWebサイトのログイン作業をスピーディーに進めることができる必須のツールです。

Macのセットアップの段階で「1Password」を活用すれば、「iCloud」の各種設定、「iTunes Store」の認証設定、「Mac App Store」でのアプリダウンロード、Webサービスのログイン作業、Macアプリのシリアルナンバー入力など、あらゆるログイン&認証作業をワンクリックもしくは1回のコピペで済ますことができるので、絶対に導入しておきたいツールでもあります。

5.同期に異常な時間がかかるEvernoteの同期を早めに開始しておく

EvernoteEvernote
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

「Evernote」のノート数が多ければ多いほど、新しいMacと同期するのに膨大な時間がかかってしまいます。

ノート数が10,000を超えると半日以上かかることもしばしば。

「Dropbox」同様、早めに設定しておくとその分だけ早くセットアップを完了することができます。

5.Google日本語入力を導入して、文字入力を快適にしておく。

Google日本語入力の公式サイトですGoogle日本語入力
Google日本語入力は無料で使えて、文字の推測変換も優秀です。学習機能もあるので、使えば使うほどユーザーの入力環境に最適化していきます。

Apple純正の日本語入力システム「日本語IM」はやはり使い勝手が良くないので、初期設定の段階で「Google日本語入力」か「ATOK」あたりを導入したいものです。

「ATOK」は有料サービスなので、無料で済ませたい方は「Google日本語入力」を導入すると良いですよ!

6.マウス操作を快適にする「MagicPrefs」をインストールする。

Macの初期設定をスピードアップさせるために、マウスやトラックパッドを使いやすくしておくことも重要なポイントです。

マウスやトラックパッドが使いにくい状態で作業を始めても、どんどん時間を浪費していくことになります。

マウスやトラックパッドの機能を拡張しくれる「MagicPrefs」を導入すると、Macのセットアップをスピーディーに進めることができますよ!

7.iTunesで「コンピュータを認証」を済ませる

iTunes Store でのコンピュータ認証設定

「iTunes Store」で購入した音楽や映画などのコンテンツを、新しいMacで視聴するためには「Apple ID」を使ったコンピュータの認証作業が必要です。

こちらも早めに設定しています。

8.アプリ削除用のアンインストールツールをインストールする

AppCleaner
アプリを関連ファイルを含めてまとめて削除できる無料のアンインストールアプリです。

Macの初期設定の段階で、いろんなアプリをインストールしたり、時には削除する場面も出てきます。

Macアプリを削除するときはフリーソフトの「AppCleaner」を使うと便利です。

Mac内に関連ファイルを残さず、キレイに根こそぎ削除することができますよ。

9.メモリ解放アプリを導入してMacを快適にしておく

FreeManFreeMan
価格: ¥200(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

Macで作業をしていると、どんなにメモリを積んでいても、どんどん喰いつくされてMacの動作がモッサリと遅くなってくることがあります。

自動的にメモリを解放してくれるアプリを導入しておけば、セットアップも快調に進むはずです。

10.コピペ作業を快適にするアプリを入れておく

Macの初期設定にはログインIDやパスワードを入力するなど、地味な作業が多いです。

入力作業を快適にするためのアプリを導入しておくと、作業がはかどりますよ。

PopClip

PopClipPopClip
価格: ¥500(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る

「PopClip」はカーソルで選択したテキストをポップアップでコピペできる快適な文字入力アプリです。専用の拡張機能をインストールすることで、様々な用途に使うことができます。

ClipMenu

ClipMenu
コピーしたテキストや画像の履歴をクリップボードに保存できるアプリです。

コピーしたテキストの履歴をクリップボードに保存できるアプリです。何度も繰り返して入力するテキストはクリップボードから呼び出して貼り付けると便利です。

追記:2016年1月9日

「ClipMenu」は「OS X Snow Leopard」にまでしか対応していないため、「OS X El Capitan」以降の環境であれば後継アプリの「Clipy」がおすすめです。

Command-C

Command-C — Clipboard Sharing ToolCommand-C — Clipboard Sharing Tool
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る

複数Mac間やMacとiOSデバイス間でテキストのやりとりをしたい時に便利なアプリです。

メニューバーのアイコンから指定したデバイスに向けて、ダブルクリックでコピーしたテキストを転送することができます。

FormatMatch

FormatMatchFormatMatch
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

コピーしたテキストの書式を省いて、プレーンテキストの状態で貼付けできるアプリです。

11.TotalFinderで「Finder」の操作を快適にしておく

TotalFinder

Finderをタブ化して表示したり、システムファイルを表示したいときなど、Finder関係の操作を飛躍的に便利にしてくれるアプリです。

追記:2016年1月9日

「OS X El Capitan」以降の環境では、System Integrity Protection(SIP)と呼ばれるシステムの中核を保護する機能が搭載されたため「TotalFinder」を利用することができなくなりました。

「OS X El Capitan」でも「TotalFinder」と同等の機能を利用できるアプリをいくつかご紹介しておきますので、是非参考にしてください。

ForkLift - File Manager and FTP/SFTP/WebDAV/Amazon S3 clientForkLift – File Manager and FTP/SFTP/WebDAV/Amazon S3 client
価格: ¥2,400(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る
Commander One PRO - FTP/SFTP client, RAR, 7zip and Tar extractorCommander One PRO – FTP/SFTP client, RAR, 7zip and Tar extractor
価格: ¥2,400(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る
PATH FINDER 7

12.Alfredをインストールしてどんなアプリやファイルでも簡単に起動できるようにする

AlfredAlfred
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

指定したアプリやファイルをスピーディーに起動できるランチャーアプリです。

ショートカットでAlfredのウィンドウを表示させ、起動したアプリの名前を2〜3文字入力してEnterキーを押すだけで簡単にお気に入りのアプリを起動できます。

13.デスクトップのアイコンの大きさを変更する

デスクトップ上のアイコンが大きすぎるなーと感じたときは、アイコンのサイズを変更しておきましょう。

デスクトップの大きさには限りがあるので、アイコンをなるべく小さくしておくと、より多くのファイルを並べることができますよ!

14.Safariが便利になる機能拡張をインストールする

メインブラウザを「Safari」にしている方は、便利な機能拡張をインストールして、Safariの使い勝手を良くしておくと良いですよ!

15.Dockにお気に入りのアプリを並べる

ここまでセットアップできたら、よく使うMacアプリをインストールし、Dockに登録していきます。

Dockに登録するアプリは、人によって様々ですが、個人的には普段から頻繁に使用しているアプリを並べるようにしています。

Dockに登録したアプリのアイコンに、ファイルをドラッグ&ドロップするだけで起動&編集ができるものも多いので、アプリの特性を考えて配置するとMacの操作性が倍増するはずです。

セットアップの流れに沿って作業をするとMacを買ったその日から使いこなせる!

あとがき

Macをゼロから構築すると、どうしても時間と手間がかかるものですが、ある程度の流れに沿って作業をすすめるとMacを買ったその日から使いこなすことも可能です。

Mac購入後のセットアップに時間がかかってしまう方は以上のような作業の流れを決めてから取り掛かると、意外と早く使いはじめることができると思います。

是非参考にしてください。

基本的な環境設定を済ませた後は、Macにお好みのアプリをインストールして上手にMacを使いこなしてくださいね。

以下におすすめの設定やアプリを紹介したまとめ記事をご紹介しますので、是非参考にしてください。

▼Macの基本的なセキュリティ設定を済ませたい方はこちら。

▼とりあえず無料でMacアプリを揃えたい方はこちら。

▼Macで動画を楽しみたい方はこちら。

▼Macを仕事メインで使いたい方はこちら。

▼Macで画像編集をメインに使いたい方はこちら。

▼「Mac App Store」で公開されていないアプリをお探しの方はこちら。

▼Macの「iTunes」を使いこなしたい方はこちら。

▼Macでブログを書きたい方はこちら。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top