iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

「MarsEdit」でかなり前に書いた過去記事を取得して編集する方法

今回は「MarsEdit」でかなり前に書いた過去記事を取得して編集する方法をご紹介!

通常「MarsEdit」の標準設定では30件の過去記事しか取得することはできませんが、設定を変更することで30件以上の過去記事を取得し、編集することが可能になります。

スポンサード リンク

過去に書いた記事と固定ページの最大取得数を変更する!

MarsEdit - the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more.MarsEdit - the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more.
価格: ¥4,800(記事公開時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る

やり方は簡単です。「MarsEdit」を起動したら任意のブログを選択した状態で、画面最下部にある歯車のアイコンをクリックし、「Edit Settting」を選択します。

任意のブログを選択した状態で「Edit Setting」をクリックする

あとは「General」タブを選択し「Download the 30 most recent posts on refresh(記事の最大取得数)」と「Download the 30 most recent pages on refresh(固定ページの最大取得数)」に設定された数値を変更するだけでOK!

記事と固定ページを取得する最大数を変更する

例えば、50記事くらい前の投稿を編集したいときは「Download the 50 most recent posts on refresh(記事の最大取得数)」にするなど、必要に応じた数値を設定してあげれば大丈夫です。

あとがき

あとがき

但し「MarsEdit」の設定には、サーバーへの過負荷を抑えるため、記事および固定ページの取得数を10〜30の間で設定するよう推奨しているようです。

多少数値を多くする分には大きな影響はないと思いますが、あまりに膨大な過去記事を取得すると、リロードするたびに取得したすべての記事を読み込む必要があるため、サーバーに負荷がかかり思わぬトラブルになる可能性もありますので、設定する数値はほどほどにしておきましょう(自己責任でお願いしますね)。

MarsEdit - the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more.MarsEdit - the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more.
価格: ¥4,800(記事公開時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top