iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

MarsEditで下書き保存した記事の更新日時を簡単に変更する方法

今回はMac用人気ブログエディタ「MarsEdit」で下書き保存した記事を簡単に変更する方法をご紹介!

この方法を使えば、下書き保存した記事を常に最新の更新日時にキープしておくことができますよ!

スポンサード リンク

今までMarsEditに下書き保存した記事の日時変更する方法がよくわからずにいたのですが、意外と簡単に変更できるんですね。

1.手動で更新日時を変更する方法

まずはショートカットを使わずに手動で更新日時を変更する方法ですが、MarsEditで記事編集中に「Post」→「Edit Date...」を選択します。

MarsEditで下書き保存した記事の更新日時を簡単に変更する方法2

次にこんなウィンドウが表示されるので、更新日時を手動で入力するか、もしくはプルダウンの「Quick...」から「Now(現在時刻)」「Tomorrow(明日)」「Yesterday(昨日)」を選んで更新することもできます。こちらの機能のほうがサクッと変更できるので便利ですね。

MarsEditで下き保存した記事の更新日時を簡単に変更する方法3

2.ショートカットで更新日時を簡単に変更する方法

最初に紹介した方法で手動で更新日時を変更することもできるのですが、ショートカットキーで更新日時変更のウィンドウを呼び出すとさらに便利になります。まずMacの「システム環境設定」から「キーボード」を選択します。

MarsEditで下書き保存した記事の更新日時を簡単に変更する方法4

つぎに「ショートカット」タブ内の左サイドバーにある「アプリケーション」を選択し「+」をクリックします。

MarsEditで下書き保存した記事の更新日時を簡単に変更する方法5

「アプリケーション」を「MarsEdit」に設定し、メニュータイトルに「Edit Date...」を入力します(「Edit Date」の後のドット3連発の入力をお忘れなく!)。最後に「キーボードショートカット」にお好みのショートカットキーを登録します。

MarsEditで下書き保存した記事の更新日時を簡単に変更する方法6

登録が済むと、こんな感じの表示になるはずです。

MarsEditで下書き保存した記事の更新日時を簡単に変更する方法7

あとは任意のショートカットキーを押すだけでスピーディーに更新日時変更のウィンドウを呼び出すことができますよ!

MarsEditに埋れた下書き記事の更新日時を定期的に更新しよう!

Torizo ver2

下書き記事の日時が古いままの状態でWebに「公開」すると、その公開日も古い状態になってしまいます。MarsEditに保存した下書き記事を公開するときは、以上に紹介したTipsを使って記事の公開日時を最新の状態にしてから公開すると良いですよ!

MarsEdit - the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more.MarsEdit - the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more.
価格: ¥4,000(記事公開時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top