iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

iOS版「Keynote」の新しいリモート機能でMac版「Keynote」のスライドショーを操作する方法

iOS版「Keynote」バージョン2.1から搭載された新しいリモート機能でMac版「Keynote」のスライドショーを操作する機能がとても便利だったのでご紹介!

スポンサード リンク
KeynoteKeynote
価格: ¥1,000(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
App Storeで詳細を見る

KeynoteKeynote
価格: ¥2,000(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
App Storeで詳細を見る

1.iOS版「Keynote」の設定からはじめよう!

使い方は以下の通り。まずiOS版「Keynote」を起動し、最上段にあるリモートアイコンをタップします。


iOS版「Keynote」の新しいリモート機能でMac版「Keynote」のスライドショーを操作する方法1

つぎに「続ける」をタップします。


iOS版「Keynote」の新しいリモート機能でMac版「Keynote」のスライドショーを操作する方法2

この画面になったらWi-FiもしくはBluetooth接続されたMac版「Keynote」を起動しておきましょう!


iOS版「Keynote」の新しいリモート機能でMac版「Keynote」のスライドショーを操作する方法3

2.Mac版「Keynote」の設定からiOSとリモート接続させよう!

つぎにMac版「Keynote」を起動し「環境設定」を選びましょう。


iOS版「Keynote」の新しいリモート機能でMac版「Keynote」のスライドショーを操作する方法4

「Remote」タブを選択し、Remoteを「有効にする」にチェックマークをつけて、任意のiOSデバイスとリンクさせます。


iOS版「Keynote」の新しいリモート機能でMac版「Keynote」のスライドショーを操作する方法5

4ケタのパスコードがMacとiOSデバイスの画面に表示されるので、両方のパスコードの数字が同じであることを確認した後「確認」をクリックします。


iOS版「Keynote」の新しいリモート機能でMac版「Keynote」のスライドショーを操作する方法6

あとはiPhoneもしくはiPadの画面上に表示された「再生」をタップするだけ!Mac版「Keynote」のスライドショーを操作することができますよ!


iOS版「Keynote」の新しいリモート機能でMac版「Keynote」のスライドショーを操作する方法7

3.iPhoneやiPadでプレゼンテーションしてみよう!

ちなみにiPhoneの画面上はこんな感じでスライドと発表者ノートが表示されます。


iOS版「Keynote」の新しいリモート機能でMac版「Keynote」のスライドショーを操作する方法8

そしてリモート連携されたMacのスライドショーはこんな感じで表示されます。


iOS版「Keynote」の新しいリモート機能でMac版「Keynote」のスライドショーを操作する方法9

またiPhoneのディスプレイをタップすると、次のスライドを表示できます。


iOS版「Keynote」の新しいリモート機能でMac版「Keynote」のスライドショーを操作する方法10

発表者ノートはもちろん、経過時間もチェックしながらプレゼンテーションが可能になっています。


iOS版「Keynote」の新しいリモート機能でMac版「Keynote」のスライドショーを操作する方法11

レイアウトオプションから発表者スライドの表示方法の変更も可能です!お好みの表示方法を色々と試してみてください!


iOS版「Keynote」の新しいリモート機能でMac版「Keynote」のスライドショーを操作する方法13

とりぞうが言いたいこと。

Torizo ver2

iOS版「Keynote」に新しいリモート機能が搭載されたことで、今までAppleから提供されていた「Remote」アプリの提供は終了となりました。

AppleはKeynote内蔵の新しいRemoteの使用を推奨していますので、上記の使用方法を参考にプレゼンテーションで活用してみてください!

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top