iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

【レビュー】Macの作業用デスクをApple Store 風の木製テーブルにしてみた。

今までMacの作業用デスクは、IKEAで購入した横長デスクを使用していましたが、Apple Store(アップルストア)風の木製テーブルに変更しました。

スポンサード リンク

まさにお値段以上の品質!ニトリの木製テーブルでApple Store風にアレンジ!

最近までIKEAで購入したデスクを使っていましたが、母艦のiMac、サブマシンのMacBook Pro、そして外部スピーカーや周辺アクセサリーなども一緒に置いていたため机の上の総重量が20Kg以上になり、あまりの重さにデスクの板がいつ割れてもおかしくない状況になっていました。

IKEAのデスクが壊れる前にMacの作業用デスクをリニューアルしようと計画していたのですが、Apple Store(アップルストア)にある木製テーブルっぽいテーブルがニトリで販売されていたので購入してみました。

▼こちらがニトリの木製テーブルの外観です。

Mac working environment 20162

▼Apple Store(アップルストア)の木製テーブルは、「メープル材」や「オーク材」が使われているそうですが、こちらのテーブルの素材は「アッシュ材/MDF」が使われています。

Mac working environment 20165

▼元々は4〜6人用のダイニング用のテーブル(横幅150×奥行85×高さ66cm)となっていますが、複数のMacや周辺アクセサリーを配置するにはちょうど良い大きさです。奥行きに余裕があるのでiMacや外部ディスプレイを縦に並べることも可能です。

Mac working environment 20164

▼また表面は汚れに強いポリウレタンコーティングで仕上げられています。

Mac working environment 20161

▼実際にテーブルの上にiMac Retina 5K 27インチとMacBook Pro 13インチ、スピーカーなどを設置してみました。

Bose companion 204

▲Apple Storeにある木製テーブルのように、できるだけシンプルにしたいのでこのようなレイアウトにしました。

テーブルの左半分がMacの作業スペース、右半分がガジェットをレビューするときの撮影スペースにしています。

ちなみにニトリの木製テーブルは、配送料無料で自宅でテーブルの組み立てもやってくれます。

あらかじめ配送希望日時を指定し、10〜15分程度でスピーディーに組み立ててくれますよ。

またニトリの公式サイトで購入すると古いテーブルの引取処分オプションがあります。有料(3,000円)ですが、古いテーブルをその場で回収してもらうことも可能です。

Macの作業用デスクをオーダーメイドすると軽く10万以上のコストはかかりますし、デスクを自作(DIY)する時間もない時はコストパフォーマンスに優れたニトリの木製テーブルを検討してみるのもひとつの選択肢になると思います。

あとがき

あとがき

ニトリの木製テーブルを導入してからMacでブログを書いたり、レビュー用のカメラ撮影もできるようになったので今まで以上に作業がはかどるようになってきました。

やはり木製のテーブルはあたたかみがあり、Apple製品との相性も良いので気分的にも癒やされます。

価格、品質、耐久性ともにバランスの取れた木製テーブルですので、Macの作業用デスクのリニューアルを検討している方は是非参考にしてみてください。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
(最終更新:2017年1月15日)
Return Top