iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

【レビュー】国立商店「Dual Slot Case スタンダードエディション」2016年 新モデル

【レビュー】国立商店「Dual Slot Case スタンダードエディション」2016年 新モデル

今回はモバイルバッグカンパニーの国立商店が2016年2月20日に発売した人気のスマホケース「Dual Slot Case スタンダードエディション」の新バージョンをご紹介します。

スポンサード リンク

新しいコーデュラファブリックを採用し、旧モデルより強度・耐久性が向上

今年から通勤中のバッグを国立商店の「タブレットのための小型ショルダーバッグ ハリスツイード別注モデル」と「Dual Slot Case ハリスツイードエディション」の2つを組み合わせて使っています。

「iPad Pro」を毎日持ち歩いても重く感じないし、「Dual Slot Case」からのiPhoneの取り出しが快適すぎて、この2つのアイテムがなくてはならない存在になっています。

ハリスツイードの柄もカッコイイし、本当に大満足なバッグなのですが、唯一残念なのが1年を通して使えないバッグであるということ。

ハリスツイード柄は冬から春にかけて使用することはできますが、夏から秋にかけては別のバッグを用意しなければなりません。

そんな時にちょうど「Dual Slot Case スタンダードエディション」2016年 新モデルが発売されたという情報をキャッチ!

すぐに注文して届いたので、早速開封してみました。

▼こちらが「Dual Slot Case スタンダードエディション」2016年 新モデルのパッケージ。

First impressions dual slot case standard edition early 20161

▼化粧箱を開けるとブラックカラーの「Dual Slot Case」が登場。

First impressions dual slot case standard edition early 20162

▼サイドから見るとケース本体の幅がかなり大きめに作られており、「iPhone 6s Plus」サイズのスマホを2台収納することができます(スマホ1台+Wi-Fiルーターなどの組み合わせでもOK!)。

First impressions dual slot case standard edition early 20164

▲ケースの中は仕切りがあるため、スマホ同士が接触しませんし、マジックテープで留める仕様となっているため激しい動きでも外に飛び出しにくい構造となっています。

▼2016年の新モデルでは、メインファブリックにインビスタ社のコーデュラファブリックを採用。旧モデルよりも強度・耐久性が向上し、雨や傷にも強くなっています。

First impressions dual slot case standard edition early 20165

▼ポーチ裏面は、縦に伸びるD菅が付いており、そのまま腰にひっかけてぶら下げることが可能です。

First impressions dual slot case standard edition early 20166

▼また左右のマジックベルトを開閉すると、ショルダーバッグのベルトに引っかけて使用することもできます。

First impressions dual slot case standard edition early 20167

▼試しに「ひらくPCバッグ mini」に装着させてみるとこんな感じに。

First impressions dual slot case standard edition early 201610

▼「ひらくPCバッグ mini」のベルトはブラックカラーなので、「Dual Slot Case スタンダードエディション」を装着させても違和感がありませんし、快適にスマホの出し入れができますよ!

First impressions dual slot case standard edition early 201611

あとがき

あとがき

国立商店の「Dual Slot Case スタンダードエディション」新モデルがあれば、春から冬にかけてのスマホケースはコレひとつで充分ですね。

あとは春以降のメインの小型ショルダーバッグをどうするかという問題が残っていますが、きっと国立商店さんなら春以降に使える小型ショルダーバッグを発売してくれると期待しております。

興味のある方は是非チェックしてみてくださいね。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top