iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

iPhoneの「インターネット共有」をMacとUSB接続した時に自動で起動させない方法

Macに接続したiPhoneの画面を見ると、勝手に「インターネット共有」が有効になってしまったことはありませんか?

「インターネット共有」をずっとオンにしておくと、iPhoneのパケット通信量をどんどん浪費してしまいます。

Macに接続したただけでiPhoneの「インターネット共有」がオンになってしまうときは、以下の方法でサクッと解除してしまいましょう!

スポンサード リンク


Macのシステム環境設定内にある「ネットワーク」をチェック!

MacにiPhoneをUSB接続すると、こんな感じで「インターネット共有」が有効になってしまうことがあります。

USB経由の「インターネット共有」を使う必要がなければ、この設定を解除しておくと良いですよ!

MacとUSB経由でiPhoneを接続すると勝手にインターネット共有が起動してしまう

まず、勝手にオンになってしまった「インターネット共有」を解除するには、Macの「システム環境設定」にある「ネットワーク」をチェックします。

システム環境設定から「ネットワーク」を選択する

つぎに左サイドバーにある「iPhone USB」という項目を選択し、下にあるマイナスの記号をクリックしましょう。

iPhone USB の項目を削除する

最後にウィンドウ右下にある「適用」をクリックすればOKです。

適用ボタンをクリックする

先ほどまで勝手に有効になっていたiPhoneの「インターネット共有」をオフにすることができますよ!

iPhoneに表示されていた「インターネット共有」の表示が消える

あとがき

あとがき

Macに接続したiPhoneの「インターネット共有」が、勝手に有効になってしまったときは以上に紹介した方法を使えば、すぐに解決することができますよ!

知らないうちに「インターネット共有」がオンになってiPhoneのパケット通信量を無駄に浪費しないよう気をつけてくださいね。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top