iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

「Touch ID」搭載の iPhone を 非正規ショップで修理すると「エラー 53」で復元・アップデートできなくなるかも

iPhoneを使っていると、本体を落としてディスプレイにヒビが入ったり、画面が割れてしまうということがありますが、「Touch ID」搭載のiOSデバイスを安い修理料金に惹かれてApple Store 以外の非正規ショップで修理すると、最悪の場合、復元・アップデートできなくなる可能性があるようです。

スポンサード リンク

「Touch ID」搭載のiOSデバイスの修理は絶対に「Apple Store」で!

The Guardianによると、「Touch ID」を搭載した「iPhone 6/6s Plus」をApple StoreやApple正規サービスプロバイダ以外の業者で修理したところ、そのiPhoneをiOSソフトウエア・アップデート時に「不明なエラー(53)」と表示され、復元することができなかったそうです。

Appleのサポートページでは、「Touch ID」を搭載したiOSデバイスがアップデート・復元中に「Touch ID」センサーがiOSの他のコンポーネントと合っているかをチェックしており、未確認・想定外の「Touch ID」モジュールを検出するとiOSの復元やアップデートに失敗する原因となることを説明しています。

Iphone error 531

Apple サポート

「不明なエラーが発生しました(53)」が表示されたときの対処法として、Appleは以下の操作を推奨していますが、この操作で解決しない場合はAppleサポートに連絡を取る必要がありそうです。

- 最新バージョンの iTunes がインストールされていることを確認します。
- デバイスを強制的に再起動します。
- デバイスの復元をもう一度試します。
- デバイスの復元を試したときに依然としてエラー 53 が表示される場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

あとがき

あとがき

上記の「エラー53」は「Touch ID」を搭載したホームボタンの修理のほか、iPhoneのディスプレイの修理でも発生しているという報告があるようですので、「Touch ID」を搭載したiOSデバイスを修理するときは必ずApple Store もしくはApple正規サービスプロバイダにお願いするのが良さそうです。

またiPhoneの修理料金は「Apple Care」非加入ですと非常に高いので、iPhone本体購入時から30日以内に加入されることをオススメします。

Source:The Guardian

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top