iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

iPhoneの「バックアップが壊れているか、復元対象のiPhoneと互換性がないため〜」エラーが出た時の対処法

今回はiPhoneを「iTunes」経由でバックアップする時に「バックアップが壊れているか、復元対象のiPhoneと互換性がないため、バックアップを作成できませんでした」というエラーが表示されたときの対処法をご紹介します。

スポンサード リンク

古いバックアップを一度削除してから、新規でバックアップを作成する

「iPhone」を「Mac」に接続し、「iTunes」経由でバックアップを取ろうとしたところ、以下のようなエラーメッセージが表示されました。

How to resolve iphone backup broken5

▲このエラーメッセージに書いてあるように、この問題を解決するためには古いバックアップを一度削除、新規でバックアップを作成するとすぐに解決できたのでシェアしておきたいと思います。

▼バックアップの削除方法は以下の通り。まず メニューバーにある「iTunes」→「環境設定」の順にクリックします。

How to resolve iphone backup broken3

▼つぎに「デバイス」タブを選択し、対象となるiOSデバイスのバックアップを削除します。

How to resolve iphone backup broken1

▼削除する前に再度確認の画面が表示されるので「削除」をクリックすればOKです。

How to resolve iphone backup broken2

これで新しいバックアップを作成することができ、エラー表示を回避することができると思います。

あとがき

あとがき

「iTunes」経由でバックアップする時に「バックアップが壊れているか、復元対象のiPhoneと互換性がないため、バックアップを作成できませんでした」というエラーが出たときは、古いバックアップを削除して、バックアップを新しく作り直すと解決できますよ!

同様の症状でお悩みの方は是非参考にしてください。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top