iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

iOS 8:iPhoneをMacに接続すると勝手に Instant Hotspot(インターネット共有)が有効になってしまう時の解決法

Instant Hotspot を有効にした状態で、iPhoneをMacにUSB接続すると勝手に(インターネット共有)が有効になってしまう時の解決法をご紹介!

Mac側のネットワーク設定を見直すと解決できますよ。

スポンサード リンク

Instant Hotspot を有効にした後、iPhoneをMacにUSB接続すると、こんな感じでインターネット共有が勝手にオンになってしまうことが度々ありました。

このような現象が出現した場合、Mac側のネットワーク設定を見直すと解決することができますよ!

iPhoneをMacに接続するとインターネット共有が勝手に有効になってしまうことがある

まず、Macの「システム環境設定」にある「ネットワーク」を選択します。

「システム環境設定」から「ネットワーク」選択する

つぎに左サイドバーにある「iPhone USB」のネットワーク設定を削除します。

左サイドバーにある「iPhone USB」を削除する

さいごに「適用」を選択します。この設定を済ませると、先ほどまで勝手にオンになっていたインターネット共有が、すぐにオフになるはずです。

削除後に「適用」を選択すれば、iPhoneをMacに接続してもインターネット共有は有効にならない

勝手に Instant Hotspot(インターネット共有)が有効になるときは、Mac側のネットワーク設定で解決できる!

あとがき

iPhoneをMacをUSB接続したときに、自動的に Instant Hotspot(インターネット共有)が有効にしたくない時は、Mac側のネットワーク設定を見直すと解決することができますよ!

同様の症状でお困りの方は是非参考にしてください。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top