iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

iOS 9:裏技で消した標準アプリを元通りに表示させる方法

今回は AppleInsiderが紹介していた「iOS 9」で標準アプリを非表示にした後に、標準アプリを元通りに表示させる方法をご紹介します。

スポンサード リンク

iOSデバイス(iPhone・iPad)の電源を入れ直すだけで標準アプリを表示できる!

少し前に当ブログにおいて、AppleInsiderが紹介していた標準アプリを消す方法をご紹介しましたが、一度消したアプリを復活させるにはどうしたらいいのか?という問い合わせをいただきました。

今回は裏技で消した標準アプリを復活させる方法をご紹介します。

やり方は簡単です。標準アプリを消した後、該当するiOSデバイス(PhoneもしくはiPad)の電源を一度オフにして、再度電源をオンにするだけでOK!

非表示にしたアプリが元通り表示されますよ!

あとがき

あとがき

この解決方法は、「iOS 9.2」をインストールしている「iPhone 6s Plus」のほか、「iPad mini」など複数のデバイスで試してみたところ、すべてのデバイスでアプリの復元が可能でした。

もし上記の方法で試してもアプリが復活しない場合、ホームボタンと電源を同時に長押して再起動してみるなどの方法もあわせて試してみると良いと思います。

それでも復元できない場合は、バックアップを取って工場出荷時の状態に戻すしかないですかねー。

おそらく電源を入れ直すだけで消したアプリは復活できるのでは?と思いますが、参考にしていただければ幸いです。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top