iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

鬼便利!iPhoneアプリだけでパスワード付きPDFを作成する方法

今回はiPhoneアプリだけでパスワード付きPDFを作成する方法をご紹介。

iPhoneでパスワード付きPDFを作成するアプリってなかなか見つからないのですが、Apple純正のiOSアプリ「Pages」を使えば簡単に作ることができますよ!

スポンサード リンク

やっとできた!iPhoneアプリだけでパスワード付きPDFを作成できる!

PagesPages
価格: ¥1,200(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
App Storeで詳細を見る

▼やり方は簡単です。まず「Pages」の左上の「+」ボタンをタップし「新規作成」ボタンをタップします。

How to create password protected pdf only in iphone and ipad1

▼次に任意のテンプレートを選び、テキストを入力したら画面右上にある「環境設定」ボタンをタップします。

How to create password protected pdf only in iphone and ipad3

▼【ツール】にある「パスワードを設定」を選択し、好きなパスワードを設定したら「完了」ボタンをタップします。これで「Pages」の書類にパスワードを設定することができました。

How to create password protected pdf only in iphone and ipad5

▼続けて「共有」ボタンをタップし「別のAppで開く」を選択します。

How to create password protected pdf only in iphone and ipad2

▼フォーマットを「PDF」にすると、先ほどパスワードを設定した「Pages」ファイルが、パスワード付きの「PDF」として保存されます。

How to create password protected pdf only in iphone and ipad6

▲あとは書き出したパスワード付きのPDFを「Evernote」や「Dropbox」など、任意のアプリに保存すればOK!

Macを使わずにiPhoneアプリだけでパスワード付きPDFを作成することができますよ!

あとがき

あとがき

今までiPhoneだけでパスワード付きのPDFを作成できるアプリを探してきたのですが、なかなか良いアプリが見つからずに困っていました。

外出先などMacを使えない状況で、どうしてもパスワード付きPDFを作らなければならない時はiOSアプリの「Pages」を使うと便利ですよ!興味のある方は是非お試しください。

iOSで使えるPDF関連のアプリもあわせてどうぞ!

PagesPages
価格: ¥1,200(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
App Storeで詳細を見る

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top