iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

iOS 9 新機能:iPad専用のマルチタスク「Slide Over(スライド・オーバー)」の使い方

今回は「iOS 9」で新機能として追加されたマルチタスク機能「Slide Over(スライド・オーバー)」の使い方をご紹介!

この「Slide Over(スライド・オーバー)」を使えば、現在起動しているアプリの隣に別のアプリを表示させることができますよ!

スポンサード リンク

「Slide Over(スライド・オーバー)」とは?

「Slide Over(スライド・オーバー)」とは、「iOS 9」で追加されたマルチタスク機能のひとつで、現在使っているアプリの横に、別のアプリを並べて表示させることができます。

但し、別のアプリを表示させている間は、横にある別のアプリを操作することはできません2つのアプリを別々に操作するには「Split View(スプリット・ビュー)」に対応したiPad(「iPad Pro」「iPad Air 2」「iPad mini 4」)が必要です。

では、早速「Slide Over(スライド・オーバー)」を使ってみましょう。

やり方は簡単です。まずiPadで任意のアプリを起動した状態で、画面の右端から左端にスワイプします(ここでは例として「Safari」を起動しています)。

Ipad multitasking slide over2

すると、こんな感じで「Slide Over(スライド・オーバー)」に対応したアプリの一覧が表示されるので、任意のアプリを選びましょう。

ここでは試しに「時計」アプリを起動してみますね。

Ipad multitasking slide over4

実際に「時計」アプリを起動すると、「Safari」で開いた画面を見ながら「時計」アプリで世界時計をチェックすることができます。

続けて「時計」アプリを閉じたいときは、最上部から下に向かって指でスワイプします。

Ipad multitasking slide over3

すると「Slide Over(スライド・オーバー)」に対応したアプリの一覧画面に戻るので、違うアプリを選んで起動したりすることができますよ!

Ipad multitasking slide over1

あとがき

あとがき

「Slide Over(スライド・オーバー)」を使えば、2つのアプリを並べて、別のアプリの画面を見ながら作業することができますよ!

ちなみに「Slide Over(スライド・オーバー)」を使える機種は以下のデバイスに限定されていますので該当する「iPad」をお持ちの方は是非お試しください。

  • iPad Pro
  • iPad Air 2
  • iPad Air
  • iPad mini 4
  • iPad mini 2

またマルチタスク機能「Slide Over(スライド・オーバー)」で別のアプリを表示させている間は、先ほどまで作業していたアプリは使えなくなるので注意が必要ですが、とても便利な機能なので是非一度チェックしてみてくださいね。

「iOS 9」に関連する記事もあわせてどうぞ!

【関連】iOS 9 新機能:通知センターで「iPhone」と「Apple Watch」のバッテリー残量を同時に確認できる

【関連】iOS 9 新機能:通知センターの表示を新着順に変更可能に

【関連】iOS 9 新機能:複数の写真を指でなぞるだけで選択可能に

【関連】iOS 9 新機能:iPhoneのバッテリー消費を抑えてくれる「低電力モード」が超便利!

【関連】iOS 9 新機能:Safariで開いたページを「デスクトップ用サイト(PC表示)」にする方法

【関連】iOS 9 新機能:Safari で開いたウェブサイトをPDFにして「iBooks」に保存する方法

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top