iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

iOS 8.1:iCloud フォトライブラリ(beta)の設定と使い方。iPhoneのストレージ容量を劇的に節約できる!

「iOS 8.1」の新機能として追加された「iCloud フォトライブラリ(beta)」を設定と使い方をご紹介!

「iCloud フォトライブラリ(beta)」を使えば、iPhoneやiPadで撮影した写真や動画を自動的に「iCloud フォトライブラリ(beta)」にアップロードし、どのデバイスからでもライブラリにアクセスすることができます。

さらにiPhoneやiPadの内蔵ストレージをギガ単位で節約できるのでおすすめしたい機能です。

スポンサード リンク


iCloud フォトライブラリ(Beta)とは?

iCloud フォトライブラリ(Beta)を使用すると、iPhoneやiPadで撮影したすべての写真とビデオが自動的にiCloud フォトライブラリにアップロードされ、自分が持っているすべてのデバイス(Mac、iPhone、iPadなど)でライブラリ全体にアクセスすることができます。

iCloud フォトライブラリには、元の写真やビデオが保存されるため、iPhoneやiPadに元の画像やビデオを保存する必要がなくなります。結果的に、デバイスの容量節約にも役立ちますよ!

iCloud フォトライブラリの設定方法

まずiPhoneの「設定」から「写真とカメラ」→「iCloudフォトライブラリ(Beta)」を有効にします。

iPhoneの「設定」で「写真とカメラ」を選択しiCloudフォトライブラリ(Beta)を有効にする

「写真とビデオを削除」を選択します。「iPhoneストレージを最適化」にチェックを入れておくと、元の画像やビデオが「iCloud フォトライブラリ」に保存され、iPhoneに最適化された小さな写真や動画だけをデバイスに保存します。

「iPhoneストレージを最適化」を有効にしておくだけで、iPhoneやiPadのストレージを劇的に節約できるので、ストレージ消費量に頭を抱えていたユーザーには嬉しい機能となっています。

ちなみにオリジナルの画像や動画は、いつでもダウンロードすることができますよ!

「写真とビデオ」を削除を選択する

iCloud フォトライブラリの使い方

「iCloudフォトライブラリ(Beta)にアップロードした写真や動画をMacから確認するには、「iCloud」にアクセスする必要があります。

まずiCloudにサインインして「写真」アイコンをクリックします。

iCloudにアクセスしてiCloudフォトライブラリにアップロードした写真とビデオを確認できる

ここに先ほどアップロードした写真と動画が表示されます。全ての写真と画像が表示されるまで、ネットワーク環境によっては少し時間がかかるかもしれません。

アップロードが完了するまで少し待つ

選択した写真は、お気に入り登録、ローカルにダウンロード、削除の操作が可能です。現在ベータ版なので今後正式版リリースに向けて少しずつ機能が追加されるかもしれませんね。

選択した写真にはお気に入りやダウンロード、削除の操作が可能です。

「iCloud フォトライブラリ(beta)」を使ってiPhoneやiPadのストレージを劇的に節約できる!

あとがき

実際に「iCloud フォトライブラリ(beta)」を導入してみると、残り2GBしか残っていなかったiPhoneのストレージが残り約10GB程度になっていました。これは劇的なストレージ容量の節約になります!

すべてのデバイスから写真や動画を閲覧できて、しかもiOSデバイスのストレージも節約できるので、是非おすすめしたい機能です。

但し、iCloud フォトライブラリでできる操作はまだ限られていることと、大量の写真や動画をアップロードすると、「iCloud Drive」のストレージをかなり消費することになるので、有料プランの契約は必須になるかと思います。

「iCloud Drive」の有料プランを検討している方は是非こちらの記事を参考にしてください!

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top