iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

iOS 8 新機能:「Handoff」で前回までの作業の続きを Mac、iPhone、iPad 間ですぐに再開できる!

「iOS 8」の新機能として追加された「Handoff」を使うと、Mac、iPhone、iPadの作業の続きを、どのデバイスからでもスピーディーに再開できて便利です!

今回は「Handoff」の使い方をご紹介します!

スポンサード リンク


1.「Handoff」を使うとどんなことができるの?

たとえば、iPadの「Safari」でネットサーフィンをしているときに外出の用事ができて、移動中でも続きを見たくなるときってありませんか?

iPadの「Safari」を使ってインターネットブラウジングをしている

そんなときは、iPhoneのロック画面に表示された「Safari」のアイコンを上にスワイプするか、もしくはiPhoneのアプリ切り替え画面(一番左側)にある「Safari」のアイコンをタップすると…

iPhoneでもSafariの続きを再開することができる

先ほどiPadの「Safari」で見ていたAppleのWebサイトを、iPhoneでも続きが見られるようになります。

iPadの画面と同じになる

こんな感じで前回までの作業の続きをMac、iOSデバイス間で連携しながらすぐに再開できるのが「Handoff」です。現時点ではiOSデバイス間だけの連携機能となっているようです。Macは「OS X Yosemite」リリース後に使用可能となっています。

尚、記事執筆時点で「Handoff」に対応しているアプリケーションは「メール」「Safari」「Pages」「Numbers」「Keynote」「マップ」「メッセージ」「リマインダー」「カレンダー」「連絡先」に対応しています。

2.「Handoff」の設定方法

「Handoff」を設定するには、連携するすべてのiOSデバイスの「設定」→「一般」→「Handoffと候補のApp」の順にタップします。

iPhoneの「設定」から「一般」「Handoffと候補のApp」の順にタップする

そして「Handoff」が有効の状態になっていることを確認してください。

Handoffを有効にする

また「Handoff」で連携するすべてのデバイスのBluetoothが有効になっていることも確認しましょう。Bluetoothが有効になっていないと「Handoff」は使えない仕様となっています。

「Handoff」でMac、iPhone、iPad間の作業効率がさらにアップ!

あとがき

「Handoff」を使えば、iPhone、iPad、Mac間ですぐに前回の作業の続きを再開することができます。

現在「Handoff」はApple純正アプリ同士での連携がメインとなっていますが、サードパーティ製のアプリケーションでも「Handoff」対応のものがどんどん増えていくはずです。

「Handoff」を使えば作業向上がさらにアップすると思いますので、是非お試しください!

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top