iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

iOS 8 新機能:ファミリー共有で iTunes Store、iBooks、App Storeから購入したコンテンツを家族とシェアする

「iOS 8」の新機能として追加された「ファミリー共有」を使うと、自分がTunes Store、iBooks、App Storeで購入したコンテンツを家族と共有したり、写真やカレンダーもシェアすることができます。

今回は「ファミリー共有」の設定方法をご紹介します。

スポンサード リンク

1.ファミリー共有ってどんな機能?

ファミリー共有を使うと、ユーザーとその家族が最大6人までiTunes Store、iBooks、App Storeから購入したコンテンツ、そして写真やカレンダーを共有することができます。Apple ID のアカウントを共有することなく、簡単にコンテンツをシェアできる便利な機能です。

ファミリー共有の主な機能は以下の通りです。

  • 最大6人の家族とアカウントを共有することなく、コンテンツをシェアできる。
  • コンテンツの種類は、iTunes Store、iBooks、App Storeから購入したコンテンツ。
  • 具体的には、音楽、映画、本、アプリケーションなど。
  • 家族専用の共有アルバムも使用できる。写真やビデオ、コメントを投稿可能。
  • 1つのカレンダーを家族で共有できる。
  • 自分の現在地を家族と共有できる。子供の所在確認に便利そう!
  • 家族のデバイスが行方不明になった時に「iPhoneを探す」で捜索可能に!
  • 家族のコンテンツ購入を、1枚のクレジットカードにまとめることができる。
  • 子どもがコンテンツを購入するときに、承認を求める設定を有効にできる。
  • 13未満の子どもでも、保護者にApple ID を作ってもらうことができる。

2.ファミリー共有の設定方法

ファミリー共有を設定するには、iPhoneの「設定」→「iCloud」→「家族」を設定します。

「設定」から「iCloud」「家族」の順にタップする

つぎにファミリー共有設定を「続ける」にして、購入アイテムを共有についても「次に進む」を選択します。

ファミリー共有の設定を開始する

支払い方法について「続きに進む」を選択し、位置情報の共有は今すぐに設定しても、あとで設定してもどちらでも大丈夫です。

支払い方法と位置情報の設定をする

自分が管理者になっていることを確認して「家族を追加」を選択し、追加したい家族のApple ID 入力を入力します(家族のApple IDは事前に作成しておきましょう)。

尚「パスワードを入力」は、家族のApple IDとパスワードを管理者が入力する方法で、「登録案内を送信」は追加したい家族宛にメールを送り、そのメールで承認を得たら追加できる認証方法となっています。どちらの方法を使っても大丈夫です。

ファミリー共有に参加させたい家族を選びます。

ちなみに「登録案内を送信」で承認してもらう場合、無事にファミリー共有の追加設定が成功すると、こんなメールが届くはずです。

ファミリー共有に成功するとメールが届く

再度「設定」→「iCloud」→「家族」の順でアクセスし、ファミリー共有の一覧にきちんと家族の名前が追加されていることを確認したら、すべての設定は終了です。

実際にファミリー共有を使うためには、共有コンテンツがそれぞれの家族のiTunes Store、iBooks、App Storeにある「購入済み」タブに自動的に現れるので、チェックしてみてください!

ファミリー共有の可能性は無限大!今まで以上に家族とコンテンツを共有しやすくなる!

あとがき

ファミリー共有は、最大6人までという制限はありますが、自分が購入したものや写真やカレンダーを簡単にシェアすることができて本当に便利な機能です。

iTunes Store、iBooks、App Storeで購入したコンテンツはもちろん、写真やカレンダーもシェアできるので幅広い用途に使えます。

家族でいろんなコンテンツを共有したいときは、是非ファミリー共有をお試しください!

尚、子ども用の「Apple ID」の作成と「ファミリー共有」の設定方法は以下の記事をご覧ください。

子供用の Apple ID を作成する方法。iOS 8 「ファミリー共有」設定編 | iTea4.0

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top