iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

iOS 8:ファミリー共有で特定のアプリを隠す(共有しない)方法

「iOS 8」の「ファミリー共有」で共有したくないアプリケーションを隠す方法をご紹介!

課金制や中毒性のあるゲームアプリなどを子どもに使わせたくない時に重宝する設定です。

スポンサード リンク


「ファミリー共有」ってどんな機能?

「ファミリー共有」の基本的な機能についてはこちらの記事をご一読ください!

関連:iOS 8 新機能:ファミリー共有で iTunes Store、iBooks、App Storeから購入したコンテンツを家族とシェアする | iTea4.0

関連:iOS 8 新機能:ファミリー共有で作った家族専用の共用アルバムの使い方 | iTea4.0

関連:iOS 8 新機能:ファミリー共有の家族専用カレンダーの使い方 | iTea4.0

関連:子供用の Apple ID を作成する方法。iOS 8 「ファミリー共有」設定編 | iTea4.0

ファミリー共有で特定のアプリを隠す(共有しない)方法

設定方法は以下の通りです。まずiPhoneで「App Store」の「アップデート」を選択し「購入済み」→「自分が購入したApp」の順に進みます。

購入済みから自分が購入したappを選択する

共有したくないアプリケーションの項目をタップし、左方向にフリックすると「隠す」ボタンが表示されるので「隠す」をタップします。

この操作で簡単に共有したくないアプリケーションを隠す事ができますよ!

隠したいアプリを左フリックで隠す

共有できるアプリの公開範囲を管理者が自由に設定できる!

あとがき

「ファミリー共有」の「隠す」機能を使えば、自分が購入したアプリケーションの公開範囲を自由に設定できますよ。

子どものいる家庭で、課金制や中毒性のあるアプリケーションをダウンロードさせたくない場合は、この機能を使うと重宝しそうですね。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top