iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

MacBookPro Retina 13インチ(Late 2013)モデルを注文しました!

MacBookPro Retina 13インチ(Late 2013)モデルをアップルオンラインストアで注文しました!

スポンサード リンク

只今のステータスは「出荷完了」もうすぐ到着予定!

現在、僕はMacBookPro Retina 13インチ(Early 2013)を使用していますが、新モデルが発表されてすぐに乗り換えを決意しました。

乗り換えた理由はいくつかありますが、以下の理由が大きかったと思います。

13インチモデルでもBTOでメモリ16GBまで搭載可能になった!

MacBookPro Retina 13インチ(Early 2013)の唯一の不満はメモリを8GBまでしか搭載できなかったこと。

正直、多くのアプリケーションを起動しながらブログを書いているだけでも、8GBのメモリはすぐに食いつくされて、メモリ解放アプリが起動しまくるという状態でした。

今回の新モデルは13インチでもBTOで16GBまでアップグレードできるので、今まで以上に快適にブログを書けるはず!それだけでも乗り換える価値は充分にありました。バッテリー駆動が7時間から9時間にアップしたのも大きなポイントです。

なぜ13インチモデルを選んだのか?

MacBook Proを毎日持ち歩く生活をしていると、やはり15インチはちょっとデカすぎて重たいです。これを毎日担ぐのはかなり厳しいと思います。

個人的には、毎日モバイルできる限界のサイズが13インチでした。

本当はMacBook Airぐらいのサイズがベストですが、ブログ書いたり、動画編集などの負荷がかかる作業もこなすにはProのスペックがないと作業効率が落ちてしまいます。

モバイルできてパワーのある作業をこなすマシンはMacBook Pro Retina 13インチしかないかなーという感じです。

MacBook Pro Retina 13インチモデル システム構成

Ordered late 2013 2

自分がオーダーしたMacBookProのシステム構成はこちら。

  • 2.6GHzデュアルコアIntel Core i5(BTO)
  • 16GB 1,600MHz DDR3L SDRAM(BTO)
  • 256GBフラッシュストレージ
  • USキーボード仕様

プロセッサはCore i5の2.6GHz、メモリは16GBの構成でBTOしました。Core i7に関してはCore i5と体感できるほどの違いはないと見て見送り。ストレージは個人的にはあまり使わないので256GBもあれば充分すぎるほどです。

キーボードは毎度お馴染みのUS仕様に。今後もなるべく新モデルが出たら買い換えたいので、コストを抑える部分は抑え、生命線のメモリに関してはMAX構成でいく感じでオーダーしました。

とりぞうが言いたいこと。

Torizo ver2

MacBook Pro Late 2013が届いたら開封の儀式、ベンチマークテストの結果などを改めて書きたいと思います!ベンチマークではわからない使用感もブログでお届けする予定です!

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top