iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

まさに怪物!MacBook Pro Retina 15インチ(Late 2013)レビュー!

photo credit: Bens Blog @ www.benm.at via photopin cc

MacBook Pro Retina 15インチ(Late 2013)が手元に届いて、使ってみたら快適すぎてヤバかったのでご紹介!

スポンサード リンク

先日、MacBook Pro Retina 13インチ(Late 2013)が届いたばかりなのですが、ちょっとした不具合に見舞われ、返品しておりました。

関連記事

Apple Online Storeで購入したMacを返品する方法 | iTea4.0
Apple Online Storeで購入したMacを交換する方法 | iTea4.0

再度、同じモデルを注文し直したのですが、納期が12月になってしまうため、やむなく13インチの購入をあきらめることに。

「ちょっとデカすぎて重いよね?」と不安を抱えつつ15インチモデルをオーダーし、手元に届いて使ってみたら、とんでもなく快適すぎる怪物マシンでした!

まずはお約束の開封の儀式から

こちらが開封前のパッケージです。13インチよりかなり大きめな印象。

Late 2013 15 inch reviews03 1

外箱を開けるとこんな感じ。

Late 2013 15 inch reviews04 1

こちらが付属のアクセサリー関係。Magsafe電源アダプタが13インチよりチョット大きい気がしました。

Late 2013 15 inch reviews05 1

デスクに置いてみると、やはり大きい!13インチより横幅が約4.4cm大きいです。

Late 2013 15 inch reviews07 1

15インチモデルは、キーボードの両サイドにステレオスピーカーがついていてサウンドも迫力があります。もちろんディスプレイも大きくて広々とした印象です。

Late 2013 15 inch reviews08 1

僕が購入した15インチ MacBook Pro Retina(Late 2013)のシステム構成を紹介!

今回、僕がオーダーした15インチのスペックは以下の通り。

Late 2013 15 inch reviews09 2
  • プロセッサ:2.6GHz Core i7(CTO仕様)
  • メモリ:16GB
  • グラフィックス:Intel Iris Pro
  • SSD:512GB

僕はブログを書いたり、ホームビデオの動画編集など、多くのアプリを同じ起動して作業することが多いので、メモリは16GBに。SSDは256GBでも良かったのですが、動画編集とかするならちょっと余裕があったほうが良いと判断して512GBの構成にしました。もちろんキーボードはUS仕様です。

ちなみに15インチMacBook Pro Retinaを最初に起動したときのディスク容量の空きは481.81GBでした。

Late 2013 15 inch reviews10 1

ベンチマークテストでクアッドコアの破壊力が明らかに!

今回も「Geekbench 3」を使ってベンチマークを測定してみました。

Geekbench 3Geekbench 3
価格: ¥1,000(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ, 開発ツール
App Storeで詳細を見る

結果は以下の通り。シングルコアで3742,マルチコアで13738を記録。先日返品したMacBook Pro Retina 13インチ Core i5 2.6GHz メモリ16GBは、シングルコアが3183、マルチコアが6713をマーク。13インチはデュアルコア搭載で、15インチがクアッドコア搭載という差もあるとは思いますが、15インチモデルがシングルコアとマルチコアの両方でスコアを上回り、特にマルチコアに関しては約2倍の差となる結果になりました。15インチモデルはスペック的に文句のつけようがないレベルだと思います。

関連記事:遂にキタ!MacBook Pro Retina 13インチ(Late 2013)開封レビュー!ベンチマークと使用感もまとめてどうぞ! | iTea4.0

Late 2013 15 inch reviews02 1

SSDのスピードもかなり速いぞ!

SSDのスピードテストもやってみました。結果的には書き込み速度が711.2MB/s、読み込み速度は732.4MB/sをマーク。PCIe接続のSSDを搭載した恩恵が数字に出ているようですね!

Blackmagic Disk Speed TestBlackmagic Disk Speed Test
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: ビデオ, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る
Late 2013 15 inch reviews01 1

実際にMacBook Pro Retina 15インチ(Late 2013)を使ってみた感想

Torizo ver2

僕のMacBook Pro Retina 15インチ(Late 2013)の用途は、ブログ執筆と動画編集がメインになりますが、実際に使ってみると動作にまったくモタつきがなく、超サクサクです!なんといってもディスプレイが15インチなので、広々と作業することができます。

13インチも動作は非常に軽快ですが、ディスプレイが小さいので多くのアプリケーションを起動していると、どうしてもウィンドウの切り替え操作が多くなってしまいます。

その点、15インチはディスプレイが大きいので、アプリケーションのウィンドウを切り替える手間が少なく、作業効率が格段にアップするはずです。さらに「システム環境設定」からディスプレイの設定を最高解像度にすると、一度に表示される領域が広がり、アプリケーションのウィンドウを非表示にしなくても一覧できるという素晴らしい体験もできますよ!

また15インチのスペックがあれば負荷の重たい作業(たとえば「Final Cut Pro X」を使っての動画編集など)もかなり快適にできるはずです!

唯一のデメリットとしては、2.02kgという重さになるのですが、個人的には数字の印象ほど重たくないと思います。僕は毎日15インチRetinaを持って移動していますが「ひらくPCバッグ」に入れて運べば、ほとんど苦になっていませんよ!

この記事がMacBook Pro Retina 15インチ使ってみたいなーと考えている方の参考になれば幸いです!個人的にはメチャクチャおすすめのマシンです!

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top