iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

【レビュー】「Apple Watch」を傷から守る保護ケース「Spigen ラギッド・アーマー」

「Apple Watch」本体を傷から守る保護ケース「Spigen Rugged Armor(ラギッド・アーマー)」を購入してみました。

スポンサード リンク

「Apple Watch」を擦ってもぶつけても傷が付かない!

毎日「Apple Watch」を身につけていると、傷が付かないかどうか心配していたのですが、かなり良さげな保護ケース「Spigen Rugged Armor(ラギッド・アーマー)」を見つけたので早速試してみました。

早速届いた「Spigen Rugged Armor(ラギッド・アーマー)」を開封すると、ブラックカラーの保護ケースとディスプレイ保護シートが2枚入っています。

Spigen rugged armor3

保護ケースはマットな質感のTPU(熱可塑性ポリウレタン)素材で作られていて、柔軟性がありつつも傷が付きにくい仕様となっています。

Spigen rugged armor4

保護ケースの取り付け方は簡単で、まず「Apple Watch」本体のバンドを外します。

Spigen rugged armor5

バンドの外し方は以下の記事で詳しく解説していますので、是非参考にしてください。

こちらが保護ケースを付けた後の「Apple Watch」。僕が使用している「Apple Watch」のモデルは「Apple Watch Sport 42mm のスペースグレイ」なので、保護ケースを装着しても違和感なく馴染んでいます。

Spigen rugged armor6

「Apple Watch」本体側面にあるデジタルクラウンは、保護ケースから露出しているので操作性は快適です。

一方、「Apple Watch」のサイドボタンは保護ケースに隠れてしまい、シルバー(銀色)のボタンから操作することになります。

このシルバーボタンは若干押すのに力が必要で、少し硬いかな?という印象がありますが、基本的には電源のオン/オフで使用するくらいなので許容範囲かと思います。

Spigen rugged armor7

「Apple Watch」背面の心拍センサーや充電部分は保護ケースから露出しているため、通常使用が可能です。

「Apple Watch」に保護ケースを付けたままで充電ふることができます。

Spigen rugged armor8

実際に「Apple Watch」に保護ケースを付けた状態で電源をつけてみるとこんな感じになります。

何となく「G-SHOCK」みたいですね。

Spigen rugged armor10

付属のディスプレイ保護シートを貼れば「Apple Watch」全体を保護できるので、多少ハードに扱っても傷が付くことはないと思います。

Spigen rugged armor11

価格は2,000円弱と比較的お手頃で「Apple Watch」本体に傷が付かないことを考えれば、かなりコストパフォーマンスは高いと思います。

Spigen rugged armor9

ちなみにApple Watch充電スタンドの「Spigen S330」と組み合わせ使うこともできるので、かなり便利ですよ!

Spigen rugged armor1

あとがき

あとがき

「Apple Watch」は腕に身につけて毎日使うデバイスなので、iPhone以上に傷がつきやすいです。

「Apple Watch」本体に傷が付かないか心配になってしまう方は是非お試しください!

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top