iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

ブログが時々「500 Internal Server Error」になるのでサーバーの「PHP高速化設定」を有効にしてみました

先日、自分が運営しているブログにアクセスすると時々「500 Internal Server Error」が表示されるようになりました。突然のエラーメッセージでかなり焦ったのですが、今回は「500 Internal Server Error」になった時の対処法を備忘録として残しておきたいと思います。

スポンサード リンク

「500 Internal Server Error」とは?

ウェブサイトにアクセスしたときに表示されるエラーメッセージにはいくつかの種類がありますが「500 Internal Server Error」はサーバー内部にエラーが発生していることを意味するメッセージで、以下のようなことが原因となっている可能性があります。

  • .htaccess の記述の誤り
  • CGI の問題
  • サーバーへの過負荷(同時接続数の増加)

上記に関係するようなことはしていないつもりなのですが、このまま「500 Internal Server Error」になるのも怖いのでサーバーの設定を見直すことにしました。

ちなみに当ブログではシックスコアを契約していますが、エックスサーバーやシックスコアでは「PHP高速化設定」というものが用意されており、この設定を有効にすることでサーバーのCPU負荷の軽減と高速化の効果が得られるそうです。

「PHP高速化設定」の設定方法

シックスコアサーバーでの「PHP高速化設定」の手順は以下の通り。まずシックスコアサーバーの管理画面にログインし、左サイドバーにある「PHP高速化設定」→対象のドメインを選択します。

500 internal server error php fastcgi apc4

つぎに「FastCGI を有効にする」と「APCを有効にする」にチェックを入れ、「PHP高速化設定切り替え(確定)」を選択します。

500 internal server error php fastcgi apc1

あとは「FastCGI」が「有効」に、「キャッシュモジュール」が「使用中」になっているのを確認できればOK!

500 internal server error php fastcgi apc2

この「PHP高速化設定」を有効にしてからは今のところ「500 Internal Server Error」にならなくなったので、しばらく様子をみてみようと思います。

あとがき

あとがき

運営しているブログに心当たりのない「500 Internal Server Error」が表示されるようになったら「PHP高速化設定」を有効にすると解決する可能性があります。

エックスサーバーやシックスコアサーバーを契約しているユーザーであれば、とても簡単に設定できますので是非参考にしてください。

いやー、それにしても「500 Internal Server Error」は心臓に良くないですね。シックスコアに「PHP高速化設定」があって本当に助かりました。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top