iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

レンタルサーバー「wpX」にWordPressをインストールする方法

今回はレンタルサーバー「wpX 」にWordPressをインストールする方法をご紹介!

高速かつお手頃なコストで、これからブログやウェブサイトを始めたいと思っている方にもおすすめのWordPress専用のレンタルサーバーです。

スポンサード リンク

既にドメインを持っていればすぐにWordPressを構築できる!

まずWordPressを「wpX」にインストールする前にドメインを取得し、取得したドメイン会社のウェブサイトでネームサーバを設定しておきましょう。

例えばムームードメインでドメインを取得した場合「GMO ペパボ以外のネームサーバを使用する」を選択し、WpXのネームサーバを設定します。

How to install wordpress to wpx3

つぎに「wpX 」のアカウントを作成します。新規申し込み後、14日間のお試し利用が可能なのでこの試用期間を利用していろいろと試してみるのが良いと思います(試用期間中に支払いしなければ本契約とはならないので安心してください)。

アカウント作成後、左サイドバーにある「ドメイン追加設定」から「他社管理のドメインを追加する」を選択します。

How to install wordpress to wpx9

既に取得しているドメインを入力し、ドメイン取得会社でネームサーバの設定を済ませていれば「Whois認証」を選択し、画面下にある「ドメインの追加」をクリックします。

How to install wordpress to wpx6

「ドメインの追加(確定)」ボタンを選択します。

How to install wordpress to wpx2

これでドメインの追加は完了です。そのまま「追加したドメインにWordPressをインストールする」選択します。

How to install wordpress to wpx8

ウェブサイトのアドレス、WordPressにログインするためのID、ブログタイトル、メールアドレスを設定します。

How to install wordpress to wpx10

登録する情報に間違えがなければ「確定(WordPressをインストール)」ボタンをクリックします。

How to install wordpress to wpx4

これで無事にWordPressのインストール作業は終了です。この画面に表示された「管理ユーザ」「パスワード」は必ず控えておいてください。

How to install wordpress to wpx7

インストール作業の時間は早ければ5分もかからずに終了することができるので、思った以上に簡単にWordPressのブログを構築することができますよ。

あとがき

あとがき

エックスサーバー社が提供しているレンタルサーバーは「エックスサーバー」「WpX」「シックスコア」などがありますが、WordPress専用で大量アクセスの負荷にも耐えられる高速、かつ安定的に運用できるのが「WpX」です。

月額1,050円という比較的安価なコストで運用できるのも大きなポイントで、これからブログを始めたい方にも負担が少ないおすすめのレンタルサーバーです。

安いだけのレンタルサーバーを選んで、あとでサーバー移転で苦しい思いをするのであれば、最初から安心して使えるレンタルサーバーを選んでおくのが良いと思います。

現在、期間限定で初期費用が半額となっていますので気になる方は公式サイトからチェックしてみてください!

wpX
追記

Mac向け人気ブログエディタ「MarsEdit」を「WpX」で利用する場合、「Wpx」の環境では「SEO Title」「SEO Description」「SEO Keywords」などのメタデータを入力することはできないのでご注意ください。

「シックスコア」や「エックスサーバー」であれば問題なく「MarsEdit」を使用することができます。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top