iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

「iBooks」のPDFやePubファイルをMacとiPhone間で同期(共有)させる方法

「iBooks」のPDFやePubファイルをMacとiPhone間で同期(共有)させる方法

今回はApple純正の電子書籍リーダー「iBooks」のコンテンツを、MacとiPhoneで同期させる方法をご紹介!

意外とわかりにくいMacとiPhone間の同期方法ですが、以下の手順でやっていけば簡単に「iBooks」のコンテンツを同期させることができますよ!

スポンサード リンク

わかりにくい「iBooks」の同期(共有)方法

「iBooks」はAppleが開発した電子書籍リーダーで、PDFやePubファイルの電子書籍を読むことができるアプリです。

「iBooks」はMacとiPhone間でコンテンツを同期させることができるのですが、ちょっとわかりにくいんですよねー。

ということで「iBooks」のコンテンツをMacとiPhone間で同期させる方法を解説していきます。

1.Macの「iBooks」同期設定

まず「iBooks」のコンテンツを同期させる前に、事前に済ませておく設定がいくつかあります。

Macの場合「iBooks」を起動し「環境設定」を選択します。

iBooksの環境設定を選択する

つぎに「一般」タブ→「同期」にある「ブックマーク、ハイライト、およびコレクションをデバイス間で同期」の項目を有効にしておきましょう。

iBooksの「一般」にある「同期」にチェックする

2.iPhone(or iPad)の「iBooks」同期設定

iPhoneの「iBooks」設定は、「設定」→「iBooks」と進み、「ブックマークとメモを同期」「コレクションを同期」の2項目は有効にしておきます。

iBooksの設定からブックマーク、メモ、コレクションの同期を有効にする

3.iTunes経由でMacとiPhone(or iPad)の「iBooks」コンテンツを同期させる

1と2の事前準備が済んだら、Macの「iTunes」を起動し、MacとiPhoneを接続します。

左サイドバーにある「ブック」を選択し、「ブックを同期」にチェックを入れ、「すべてのブック」もしくは「選択したブック」を選んで「適用」ボタンをクリックしましょう。

iTunes内にある「ブック」でコンテンツを同期させる

すると、Macの「iBooks」ライブラリにあるPDFやePubの電子書籍が…

MacのiBooksライブラリ

見事にiPhoneの「iBooks」ライブラリに反映されます。コンテンツはもちろん、コレクションやブックマーク、メモも同期されます。

ちなみにePubファイルに関しては、ハイライトした部分もMacとiPhoneで同期することができますよ!

iPhoneのiBooksライブラリ

ちょっとややこしい同期設定だけど慣れれば簡単!

あとがき

以上に解説した方法を使えば、簡単に「iBooks」のコンテンツを、MacとiPhone間で同期することができますよ。

「iBooks」をメインで使っているユーザーの方は、是非参考にしてください!

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top