iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

動画ファイルを簡単に圧縮できるMacアプリ「Video Compressor」

今回は動画ファイルを簡単に圧縮できるMacアプリ「Video Compressor」をご紹介!

ファイルサイズの大きな動画を簡単に圧縮することができますよ!

スポンサード リンク


大きなファイルサイズの動画でもガッツリ圧縮できる!

Video CompressorVideo Compressor
価格: ¥600(記事公開時)
カテゴリ: ビデオ, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

「iMovie 」や「Final Cut Pro X」などの動画編集アプリで動画を作ると、動画のファイルサイズがGB(ギガバイト)以上の大きさになることがよくあります。

作った動画を誰かとシェアしたいとき、ファイルが大きすぎるとクラウドサービスにアップロードするにも手間と時間がかかるし、相手の通信環境によっては動画を見ることが難しい場合もあるかと思います。

そんな時に役立つのが動画圧縮アプリの「Video Compressor」です。大きなサイズの動画を適度なサイズに圧縮して、動画を簡単にシェアすることができる便利なアプリです。

使い方は簡単です。「Video Compressor」を起動し「Open Video」をクリックして圧縮したい動画を選びます。

「Video Compressor」の「Open Video」を選択する

つぎに「Video Compressor」の最下部にあるスライドバーを左右にずらし、動画の大きさとサイズを決定します。「Target Video Size」が圧縮後の動画の大きさ(幅と高さ)、「Target File Size」が圧縮後のファイルのサイズになるので、この2つの項目の数値のバランスをみながらスライドバーを調整してみてください。

圧縮後の動画の大きさとサイズを決定したら「Save Video」をクリックして動画の圧縮を開始しましょう。

「Video Compressor」で圧縮後の動画の大きさとサイズを決定して圧縮を開始する

動画の圧縮速度はお手持ちのMacのスペックによって左右されます。性能が良いMacほど圧縮速度は速いです。おそらく一時的にMacのファンがフル回転するので注意してください。

Video compressor3

しばらく時間が経つと動画の圧縮が完了します。今回サンプルで使った動画では元々「640×360」の大きさだったのですが、「426×240」と大きさを少し小さくして圧縮しました。結果的に1.16GBのファイルが662.6MBと約半分のサイズになりました。

元のファイルの約半分程度のサイズに動画を圧縮できる

約半分のファイルサイズになりましたが、画質の劣化はあまり感じませんでした。

画質の劣化を抑えて圧縮できる

今回のサンプル動画は画質をあまり劣化させないために元のファイルサイズの半分くらいの圧縮にとどめましたが、多少劣化しても構わなければ元のファイルの10分の1程度まで圧縮することが可能ですよ!

あとがき

あとがき

「Video Compressor」があれば動画を思い通りのサイズに圧縮することができますよ。

ファイルサイズが大きすぎてシェアできなかった動画でも、うまく活用すれば簡単に共有することができます。

興味のある方は是非お試しください!

Video CompressorVideo Compressor
価格: ¥600(記事公開時)
カテゴリ: ビデオ, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top